生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 子供が生まれた時に必要な保険は?

ライフステージごとの保険相談

子供が生まれた時に必要な保険は?



保険を検討するにあたって、大きく変わる部分は子供がいるか、いないかです。 夫婦二人の場合は、現代共働きの家庭が多いでしょうが、 子供ができて、子育てに専念する方も多いでしょう。 そんな時、ご主人に万が一のことが起こった場合、子供を育てるお金を稼ぐのは容易ではありません。 生活費や教育費を考えると、1人あたり3000万ほどの死亡保障額が目安なようです。 ただ、ご主人が死亡してしまった場合、【遺族年金】という公的な保障ももらえます。 年金の支払いをしていれば、子供が18歳になるまで毎月、年金をもらえるという制度です。 こちらは、加入している年金制度が【国民年金】か【厚生年金】のどちらか。 生前に支払われていた月額のお給料によって、給付額が異なります。 ご主人がいくら遺族年金をもらえるのかをまず確認をして、死亡保障額を決めましょう。 また、医療保障も少しアップを考えておいた方が良さそうです。 仮に、ご主人が入院されても、家族は生活していきますので、 子供のいないサラリーマンが平均日額5,000円と言われていますが、 子供ができたら、一日10,000円くらいの保障は欲しいですよね。 このように、様々なケースが考えられます。 ただ、一つ言えることは、家庭ごとに生活水準や、子供の将来は変わります。 大切な家族の為の保険ですので、今のあなたの家庭環境や子供の将来のことを ファイナンシャルプランナーに相談をして、色々な保険会社の保険を提案してもらうことをオススメします。 その為にも、信頼の出来る会社を見つける。 まずは、そこから始めてみてはいかがでしょうか。

学資保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン