生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 独身のための保険

ライフステージごとの保険相談

独身のための保険


独身で生命保険に入る必要があるのか?

こんな疑問を持っている、独身者も多いようです。

近年は結婚時期が遅くなっている傾向も関係あるようです。

 

独身者の場合は、死亡保障と医療保障について考えることがポイントです。

独身者は家庭を持っていないので、子供を養うほど高額な死亡保障が必要なケースはほとんどないでしょう。

しかし、葬儀代や親の老後など、様々な必要な費用を考え、いくらの保障があれば良いのかを考える必要があります。

通常であれば、300万円ほどの保障があれば十分でしょう。

 

また、医療保障ですが、こちらに関しては個人差はありますが、入院1日5,000円もあれば十分でしょう。

ただ、独身者の場合は急に入院をすることになり、収入がなくなってしまった場合、配偶者が助けてくれるということはないので、

自分の置かれている状況や、周りとの関係性を含め、保証額を決めていくことをおすすめします。

 

保険とは一般的に、

 

健康・不健康

若い・年配

持病ない・持病あり

 

ですと、左側の方が保険料が安いです。

そして、保険料が生涯変わらないプランもあります。

 

健康で若いうちに保険に入ると安い保険料で、入れます。

ただ、若くて健康なうちは、あまり保険を適用することがおこる可能性も低いです。

まず、医療保険の検討をすることをオススメします。

キャッシュバックキャンペーン