生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > ライフステージごとの保険相談 > 【生命保険】生命保険を良く知り効率よく利用

ライフステージごとの保険相談

【生命保険】生命保険を良く知り効率よく利用


MIMIYAKO85_maehamadedate20140725500

 

生命保険は、その時々の必要額を保証するので一生同じ保険で良いとは言えません!!
ライフステージごとに必要になる資金は変わってきますので保険の見直しも必要です!!


 

 

生命保険の上手な利用のポイント

 入社したからあるいは知り合いに勧められたから加入するのではなく、本当に必要な生命保険に加入するポイントを示します。

 

 

加入目的を明確にする

 加入時に何が必要なのかを明確にします。

残された遺族の生活資金、老後の生活資金、教育資金、住宅資金結婚資金など生命保険に加入する目的を明確にします。

 

 

保険金額を決める

 多すぎず(月々の保険料が高くなる)、少なすぎず(必要なとき不足して困る)ちょうど必要な保険金額を決めます。

いつどのくらいの資金が必要かを考えてライフサイクルに合わせた生活設計を立て、万一の場合に残された家族の生活資金としてどのくらい必要か考えます。

必要な補償額(保険金)と支払うことができる保険料のバランスを考えます。

 

 

保証期間を決める

 保証期間には、5年、10年といった一定期間を保証するもの(定期保険、養老保険)と期間を決めない終身保険があります。

子供の教育期間は手厚くしたい場合などには、定期付終身保険があります。

 

 

目的に適した生命保険を選択する

 生命保険は、定期保険、養老保険、終身保険が基本ですが、いろいろな保証機能をセットした保険が販売されています。

  • 定期保険
  • 生存給付金付定期保険
  • 終身保険
  • 定期付終身保険
  • 養老保険
  • 定期付養老保険
  • 子供保険
  • 貯蓄保険
  • 個人年金保険
  • 変額保険
  • 疾病・医療保険
  • 就業不能保証保険
  • 介護保険

ライフステージの変化にあわせて見直し

 就職したときに加入した保険では、結婚時、子供の教育、あるいは老後に必要な額が変わり、見直しが必要になります。

また、保険の受取人の見直しも必要です。

 

保険を見直すには、解約しないで新たな保険に切り替える「契約転換」、定期保険特約などを上乗せして補償額を増やす「途中増額あるいは減額」、途中で特約を付加する「特約の中途付加」があります。

 

 

特約

 生命保険(主契約)にさまざまな特約をつけることができます。

主な特約に以下があります。

 

  • 疾病入院特約<

 病気で入院した場合に入院給付金が出る特約です。

 

  • 成人病入院特約

 ガン、高血圧性疾患、心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの成人病で入院する場合に入院給付金が出る特約です。

 

  • 女性医療特約

 女性疾病で入院した場合に入院給付金が出る特約です。

 

 

保険金の支払いが苦しい場合

 保険料の支払いが苦しい場合には、以下のような方法があります。

解約は、最後の手段と考えましょう。

 

  • 保険料を立て替えてもらう自動振替貸付制度
  • 保険金を減額して保険料を軽減

必要になる補償額はライフステージの変化で変わります!!
それぞれのライフステージにあわせて見直しが必要です!!

キャッシュバックキャンペーン