生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 医療保険の相談

様々な保険の種類

医療保険の相談



医療保険とは、病気や怪我によって入院や退院をした時に、保険金を給付して補うものです。

 

医療保険を相談する際には、医療保険単体で加入をするのか特約として加入をするのか、という選び方が重要になってきます。  
近年の生命保険ではすでに医療保障があるものがほとんどなので、医療保険単体で加入をするケースは少ないです。
その為、医療保障を手厚くしたい場合は、生命保険の契約内容を見直しをすれば良いことになります。

 

医療保険単体でない場合、特約として、医療保障をつけることになるのですが、注意点としては保障の期間や金額が自分のライフスタイルや将来設計に合った保険を選ぶ必要があります。  
例えば、サラリーマンと自営業者では、大きく違います。
自営業者の場合、収入が一切なくなってしまうため、10,000円ほどの保障は欲しいところです。

 

サラリーマンの場合、一般的には5,000円ほどが平均と言われていますが、 実際には年収によってもかかる入院費の自己負担額は変わってきます。
毎月の給料が53万円を超える場合は自己負担額が倍くらいかかってしまいます。

ただ、それでも健康保険に加入していれば、7割は給付対象となり、3割のみの負担となります。

 

さらに、一定額を超えた医療費は高額療養制度によって還付されます。 したがって、毎月の給料が53万円を超える方でも、1ヶ月間入院をして医療費の自己負担額は1日5,000円前後が目安となります。
また、その他に差額ベッド代や入院時の食事代などが入院日数に比例してかかります。

 

全ての入院費用を目安にして保険を選ぶのが合理的です。

 

 

自分の状況をファイナンシャルプランナーにしっかりと説明して、その上で
自分の場合はいくらくらいの保障が必要なのか、適切なプランを提案してもらいましょう。

医療保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン