生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 【生命保険】死亡時に保険金が支払われる保険

様々な保険の種類

【生命保険】死亡時に保険金が支払われる保険



PAK95_shibuyaskoomori20141018113759500

 

死亡時に保険金が支払われる保険は色々とあります!!
死亡時の保障とその他の目的を組み合わせた保険です!!

 

 

定期保険

 被保険者が契約期間内に死亡すると保険金が支払われる保険です。

死亡した場合だけを保障する保険で死亡保険の典型です。

 

  • メリット
     保険料は安く、終身保険や養老保険と同額の保障が得られます。
  • デメリット
     保険料が安い分、満期保険金がなく解約返戻金も少額です。

 

 

終身保険

 保障が一生涯続く保険です。

遺族は必ず保険金を受け取れます(掛け捨てではありません)。

 

  • メリット
     保険金・解約返戻金が大きく老後の生活資金などの貯蓄性のある保険です。
  • デメリット
     満期保険金はなく、保険料も定期保険より高額です。

 

 

養老保険

 保険期間内に死亡した場合と期間終了時に同額の満期保険金が支払われます。

死亡保障と貯蓄機能を持つ保険です。

 

  • メリット
     保険金・解約返戻金が大きく老後の生活資金などの貯蓄性のある保険です。
  • デメリット
     満期保険金がある分、保険料も定期保険より高額です。

 

 

子供保険

 子供の教育資金、結婚資金、独立資金などを補償する保険です。

契約期間内に契約者が死亡した場合も保険金が支払われます。

 

  • メリット
     子供に合わせた満期保険金があり解約返戻金も大きく貯蓄性に優れた保険です。
  • デメリット
     子供の満期保険金がある分、保険料も定期保険より高額です。

 

 

貯蓄保険

 保険期間が3〜5年で短期間の貯蓄と死亡保障をする保険です。

 

  • メリット
     契約年齢の上限が高く医師の診断が不要で年齢・性別に関係なく保険料は一定です。
     高齢者に適した保険です。
  • デメリット
     死亡した場合の保険金が少額です。

 

 

介護保険

 被保険者が要介護状態になり、一定期間継続する場合に年金や一時金が支払われる保険です。

 

  • メリット
     死亡した場合に死亡給付金が支払われます。
  • デメリット
     保険料も高く、一定の要介護状態の認定が厳しい事があります。

 

 

医療保険

 病気やケガで入院や手術を受けた場合に保険金が支払われる保険です。

公的医療保険の対象にならない差額ベット代等も保障されます。

 

  • メリット
     治療費だけでなく死亡時に保険金が支払われます。
  • デメリット
     満期保険金はなく、保険料が安い分死亡保険金は少額です。

 

 

生前給付型保険

 特定の疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中など)に被保険者に保険金が支払われる保険です。

 

  • メリット
     重病時に残された期間保障され、保険金は非課税扱いです。
  • デメリット
     特定の疾病の判断が厳しい事があります。

 

 

死亡時の保障以外にいろいろな保障を組み合わせた保険があります!!
保険料と保障は連動しているので何を重要視するかで選択します!!

 

 

死亡保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン