生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 様々な保険の種類 > 火災保険の相談

様々な保険の種類

火災保険の相談



秋の台風シーズン前と言うのに今までに経験したことがないような大雨が最近増えている様に思います。
これも、温暖化の影響でしょうか。
近くに山のある地域だけでなく、近くに山のない都心でも床下浸水は勿論、床上浸水もあり得ます。

 

自動車も浸水の恐れがあります。
駐車場や停車している時だけでなく、小川の近くを走行中の場合、低い土地や立体交差の下の道など走行中の浸水の恐れがあります。

これからは、水害に対する備えも必要になってきました。

 

水害で家が流されたらどうしよう!!
最近の火災保険の保障範囲は広く、水害も対象になります!!

 

 

火災保険での保障


火災保険の対象は広く、火災からは想像できない台風、大雨による洪水、土砂崩れ等の被害の補償もされます。
火災保険は、最初に住宅火災保険ができました。 最初に販売された住宅火災保険には、水害(保険の用語では水災ですが以下でも水害とします)が含まれていません。
契約されている方は保険会社に確認してください。

 

総合住宅保険


次に発売された住宅総合保険は、水害が保障範囲に含まれました。
水害以外に、盗難、飛行物などのものの落下、給排水設備の不具合による水漏れなども保障されます。

 

保険会社独自の火災保険


保険会社は、火災保険、住宅総合保険に加えて保障範囲や保障内容を充実させた独自の火災保険を販売しています。

水害は地所や地形、山や川の近く、あるいは過去に水害があった場所など、住んでいる場所により危険度が異なります。

保険会社独自の火災保険は、いくつものプランが用意されています。 自分の状況に合わせてプランを選択できますので、地域の地形や、過去の水害情報などを調べて自分に適したプランを選択してください。

 

水害も火災保険の保障範囲に入ると知っていましたか!!
火災保険は、色々な災害・事故に対応できますので契約する時には良く話を聞きましょう!!

キャッシュバックキャンペーン