生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【保険の見直】必要補償額

【保険の見直】必要補償額



 

新規に加入あるいは見直しに必要資金を把握しましょう!!
必要資金を基にあなたにあった保険を見つけましょう!!

 

 

保険のメリット

 保険に入ることのメリットは、以下があります。

 

  • 死亡などまさかの時の備え
  • 節税効果

 

まさかの時備え

 資金を豊富に持っている方は保険に入る大きなメリットはありません。

日本人の金持ちの財産の多くは土地なので、まさかの時の役に立ちにくいので直ぐにお金に変える多くの財産を持っている方は1%ぐらいと言われています。

 

このように多くの人にとって保険は必要です。

死亡あるいは重度障害で収入が途絶える事態に陥った場合を想定した時のその後の必要資金額を把握し保険に加入すること、あるいは見直すことを推奨します。

 

この際、失われる収入だけでなく公的保険などで補填される収入も考えて本当に必要な試験を計算してください。

大まかな必要額は、以下のようになります。

 

必要保険金額 = 現在の年収*0.7(世帯主の必要経費の減額)*子供が独立するまでの年数

      - 死亡退職金や弔意金 - 現在の預金高(預金以外も含む)

      - 遺族年金(18歳まで) - 配偶者の収入

 

勤務先にもよりますが、死亡退職金や死亡時の手当て(子供の奨学金など)手厚い保障がある場合があります。

 

 

まさかの時に備える保険

 家族の生活に必要な資金の確保を考えるならば、以下が有利な保険です。

 

  • 定期保険
  • 先ずは、子供の独立までを考え保険料の割安な定期保険に加入し、子供が独立したら他の保険に加入あるいは乗り換える方法です。
  • 収入保障保険
必要資金額は期間とともに減っていきます。
この点から、徐々に補償額が減る収入保障保険が有利です。

 

 

節税効果

 保険には、以下の節税効果があります。

 

  • 支払い保険料は「所得控除」で税金が安くなる
  • 満期返戻金・解約返戻金は「一時所得」で税金が安くなる
  • 個人年金保険の運用益は非課税で元本に組み入れられる(利益への20%がかからない)
  • 相続人一人当たり500万円まで非課税(4人なら保険金2,000万円まで非課税)

 

 

残された家族への保障から節税効果まで保険にはいろいろなメリットがあります!!
メリット全てを受けようとするのではなく、あなたに最適な保険を選択してください!!

 

 

死亡保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン