生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】動脈硬化の防止

【医療保険】動脈硬化の防止



 

血管の病気で4人に1人が死亡しています!!
死亡率1位の悪性新生物(がん)に次ぐ死亡率です!!


 

 

動脈硬化

 動脈硬化は、動脈の内壁が肥厚し硬化した症状です。

 

動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化の3つのタイプがあります。

一般にはアテローム性動脈硬化を指します。

 

アテローム性動脈硬化は、比較的太めの動脈の内側に粥状(アテローム性)の隆起(プラーク)が発生し、コレストロールがたまる病気です。

心筋梗塞や脳梗塞は、粥状動脈硬化によって引き起こされます。

 

脳出血は、細動脈硬化でも起こります。

1960年ぐらいまでは、細動脈硬化が多かったのですが、その後粥状動脈硬化が増え細動脈硬化が減ってきています。

動物性脂肪を多くとる洋風の食事が原因していると言われます。

 

 

動脈硬化の危険因子

 以下の4つが動脈硬化の4代危険因子です。

 

 ◯ 喫煙

 ◯ 高血圧

 ◯ 高コレストロール

 ◯ 糖尿病

 

この他に、高年齢特に更年期以降の女性に動脈硬化のリスクが高まります。

 

 

症状

 動脈硬化は、自覚症状がないので自分では分かりません。

健康診断にも指標がありません。

 

コレストロール、血圧、血糖値の高い人は、医療機関で検査を受ける事が必要です。

 

 

検査方法

 動脈硬化の検査には、以下があります。

症状が見つかると、頭部MRIや冠動脈CTで詳しく検査してもらいます。

 

 ◯ 頸動脈超音波(エコー検査)

  頸動脈の中を超音波で観察します。

  さくやプラークが発見されると動脈硬化可能性が診断されます。

 

 ◯ 脈波速度検査

  動脈の固さを調べて動脈硬化の進行度を判定します。

 

 

動脈硬化の予防

米国では、禁煙、減塩、動物性脂肪・コレストロールの抑制が叫ばれ、心筋梗塞や脳梗塞が減少しています。

 

動脈硬化は、生活習慣病から発病します。

生活習慣の完全が効果的です。

 

 ◯ 禁煙、受動喫煙も避ける

 ◯ 過食を抑え標準体重を維持

 ◯ 肉の脂身、乳製品、卵黄を控え魚、大豆食品を増やす

 ◯ 野菜、果物、玄米、海藻を多くとる

 ◯ 食塩を少なく

 ◯ 毎日30分以上のウオーキングなど

 

 

年齢とともに動脈硬化は増えて行きます!!
生活習慣の改善が動脈硬化の防止に効果的です!!


 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン