生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】お酒の上手な飲み方

【医療保険】お酒の上手な飲み方



 

適度な飲酒は健康に良いと言われています!!
忘年会のシーズンですので飲み過ぎに注意しましょう!!


 

 

お酒の効用

適度の飲酒は、健康に良いと言われ以下のような効用があります。

 

 ◯ 食欲の増進

  胃の動きを刺激し空腹感が出て食欲が増進されます。

 

 ◯ 血行の改善

  血管を拡張させ血液の流れを良くします。

  体温が上がり疲労回復に効果があります。

 

 ◯ コミュニケーションの円滑化

  大脳皮質の抑制を低下させ思考・知覚、運動、記憶などの抑制を除かれます。

  お酒でコミュニケーションが円滑になります。

 

 ◯ ストレスの解消に効果

  大脳皮質の抑制を低下は、ストレスの解消に効果があります。

 

 ◯ 健康への効果

  心臓血管障害のリスクを下げます。

 

 

適量の目安

適量の目安を以下に示します。

アルコールに弱い人、高齢者、女性、肥満気味の人の適量はこの2/3ぐらいと考えてください。

妊娠した女性は、特に注意が必要で飲酒を避けることが勧められています。

 

お酒の種類適量の目安(1日)
ビール中びん1本(500ml)
日本酒1合程度
焼酎(25°)0.6合(110ml)
ワイン(14°)ボトル1/4(180ml)
ウイスキー(43°)ダブル1杯(60ml)

 

この2倍程度なら問題ないとも言われています。

しかし、1日にこの3倍以上飲酒を続けると以下のリスクが高まります。

 

 ◯ 肝臓障害

 ◯ 脳血管傷害

 ◯ がん発生

 ◯ 生活習慣病

 

 

上手な飲み方

以下は、体の負担が少ない飲み方です。

 

 ◯ 食べながらできるだけゆっくりと飲む

 ◯ 水分も一緒に取る

 ◯ 強い酒は薄めて飲む

 ◯ 長時間に飲み続けない

 ◯ 休刊日を作るなど

 

 

飲酒は体に良いと言われますが適量を超えると体に害があります!!
人やその時の状況により異なるので適量を考えて飲みましょう!!


 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン