生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】年末調整と医療費控除

【生命保険】年末調整と医療費控除



 

年末調整の季節です。保険の控除を忘れずに!!
医療費控除は年末調整でなく確定申告が必要です!!


 

 

年末調整

サラリーマンの税金(所得税と住民税)は、勤務先で支払い給与・賞与から源泉徴収して納税します。

 

税金は、収入(給与・賞与)から控除額を引いた所得税額で計算されます。

控除には、給与所得控除と所得控除があります。

 

 

給与所得控除

サラリーマンに必要経費に相当するものです。

 

控除額は収入により変わります。

控除額は、勤務先で計算してもらいますが自分の控除額は知っておきましょう。

 

収入額控除額
180万円以下収入の40%で最小は65万円
180万円超〜360万円以下収入の30% +18万円
360万円超〜660万円以下収入の20% +54万円
660万円超〜1000万円以下収入の10% +120万円
1000万円超〜1500万円以下収入の5% +170万円
1500万円以上245万円

 

収入が2000万円を超えると確定申告をすることになります。

 

 

所得控除

主な所得控除には、以下があります。

 

 ◯ 配偶者控除

  70歳未満で収入が103万円未満は38万円(73万円)です。

  70歳以上で収入が103万円未満は48万円(83万円)です。

  括弧内は同居特別障碍者の場合です。

 

 ◯ 配偶者特別控除

  収入が103万円から141万円未満は収入により3万円〜38万円です。

 

 ◯ 扶養控除

  給与収入が103万円以下で12月31日の年齢が16歳以上の扶養親族は38万円です。

  19歳以上23歳未満の子供は63万円です。

  70歳以上の親で同居は58万円、別居は48万円です。

  親の年金収入が65歳未満では108万円、65歳以上で158万円以内が対象です。

 

 ◯ 生命保険控除

  2011年末までの契約は一般用、個人年金用でそれぞれ最大5万円です。

  2012年以降の契約は一般用、介護医療用、個人年金用それぞれ最大4万円です。

 

 ◯ 地震保険控除

  支払額が控除額ですが最大は5万円です。

 

 ◯ 社会保険料控除

  配偶者や子供の社会保険料の支払額です(上限なし)。

 

 

確定申告の医療費控除

医療費控除は、以下の式で計算されます。

 

医療費控除額 =実際に支払った医療費 — 保険均等の給付 — 10万円

医療費控除の上限額は、200万円です。

 

予防の費用、自家用車のガソリン代(電車やバス等は対象)、健康サプリメントや栄養ドリンク代、美容目的の整形手術費用は対象外です。

直接治療に関係する費用のみが対象です。

 

 

税金の申告には年末調整と確定申告があります!!
保険料は年末調整、医療費控除は確定申告で行います!!


 

 

死亡保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン