生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】高額療養費の払い戻し制度が変わります

【医療保険】高額療養費の払い戻し制度が変わります



 

多額の医療費の場合にその一部を戻してくれる高額療養費制度があります!!
2015年度から収入区分が変更され負担の増える人と減る人があります!!

 

 

高額療養費制度

医療機関で支払った医療費が一定の月額を超えた場合は、超えた分を払い戻す制度です。

 

健康保険の自己負担分は通常医療費の3割ですが、自己負担分には上限があります。

この制度は健康保険の最大のメリットとも言えます。

しかし、月単位なので月をまたいで合計が上限を超えても、月々が上限を超えなければ受給できません。

 

住民税課税者(年収約370万円)で年収が770万円未満の場合、上限は以下になります。

上限値は、8万100円+(医療費−26万7000円)×1%です。

医療費が100万円かかった場合は、医療機関で支払う自己負担額は30万円です。

上限値は、上の式で8万7430円になります。

この差額の21万2570円が払い戻されます。

 

 

制度の利用

制度を利用するには、以下の条件があります。

 

 ◯ 支払った医療費の計算は月単位

 ◯ 健康保険の自己負担分(保険の適用されない費用は範囲外)

 ◯ 家族で合算可能

 ◯ 2年前まで申請可能

 ◯ 認定証をもらっていると医療機関での支払いが制御(自己負担分全額は支払わなくて良い)

 

 

制度の改訂

改定前は、住民税非課税者、年収770万円未満、770万円以上の3区分でした。

 

改定後は、以下のようになります。

 

 ◯ 年収370万円未満

  上限約8万円強が5万7600円に減額になります。

 

 ◯ 年収370万円〜770万円

  上限約15万円が15万円強に増額されます。

 

 ◯ 年収770万円〜1160万円

  上限約15万円が17万円強に増額されます。

 

 ◯ 年収1160万円以上

 上限約15万円が25万円強に増額されます。

 

 

高額療養費制度は、非常に有利な制度です!!
低所得者の方は、さらに有利になります!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン