生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【健康づくり】健康マイレージ

【健康づくり】健康マイレージ



 

住民の健康づくりに「健康マイレージ」を導入する自治体が増えています!!
健康作りに特典を与えることで医療費の削減を狙っています!!

 

 

健康マイレージ

日々の運動や食事などの生活習慣の改善、健康診断の受診、健康講座やスポーツ教室への参加、ボランティア活動などを行うと特典のポイントが付きます。

 

獲得したポイントは、地域の協力店で使うことができます。

地域通貨と一緒になると医療費の削減と地域おこしにつながるかもしれません。

 

健康マイレージを導入する自治体は、埼玉県、静岡県、兵庫県、福岡県など全国各地の自治体に広がっています。

また、自治体の取組みに協力する企業や、企業単独で健康マイレージを導入する企業も出ています。

 

 

静岡県「ふじのくに健康マイレージ」事業

三島市、裾野市、伊豆の国市、藤枝市を含む17市町村が健康マイレージを導入しています。

日々の運動や食事などの目標を達成できた場合や、健康診断の受診、禁煙、健康講座やスポーツ教室、ウォーキングイベント、地域行事などに参加した場合にマイル(ポイント)を付与します。

 

4週間以上チャレンジして一定ポイントを達成した人に、協力店でサービスが受けられる「ふじのくに健康いきいきカード」(1年間有効)を交付します。

健康に良い日々の活動が習慣となり、病気の早期発見・治療などの「守る健康」だけでなく「創る健康」もメニューに加えて医療費の削減につながることを狙っています。

 

藤枝市では協力店が約80店舗、他にも寿司屋や映画館の割引に使えます。

2014年11月時点で700人以上の市民が参加しています。

 

 

企業例「花王健康保険組合」

健康マイレージに参加した被保険者に健康マイルを付与します。

 

 ◯ 事業所や支社で開催する健康づくりイベントへの参加

 ◯ 検診結果やチャレンジウオーキングなどへの取り組み

 

貯めたマイルは、健康グッズなどに交換できます。

 

 

健康マイレージのメリット

参加する住民や従業員は、スマートフォンアプリ等を活用した健康管理が容易になります。

そして、参加するとマイルが付与され健康意識だけでなく無料でサービスが利用でき、無料で商品がもらえ、継続する動機付けになるメリットがあります。

 

 

健康マイレージの課題

現状では、周辺自治体や企業の健康保険組合など小規模な取り組みなので拡大が課題です。

また、住民や企業社員だけでなく地域の商店や企業の協力が必要です。

自治体の1部署や企業の健康保険組合では、継続や拡大に困難があります。

 

 

運動や生活習慣の改善でマイルが貯まり日々の生活に使える!!
ポイント制度は全国的に広がっているので健康マイレージも広がりそうです!!

医療保険をまとめて比較する

キャッシュバックキャンペーン