生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【寝たきり予防】スマートウエルネスシティー総合特区

【寝たきり予防】スマートウエルネスシティー総合特区



 

自然に歩くことを基本とする「健幸」なまちの構築で健康づくりによる地域活性化!!
健幸長寿社会を想像するスマートウエルネスシティー総合特区が始まります!!

 

 

スマートウエルネスシティー

少子高齢化・人口減少が急速に進んでいます。

スマートウエルネスシティーは、高齢になっても地域で元気に暮らせる社会実現する年モデルです。

 

スマートウエルネスシティー総合特区で以下の自治体等が指定されました。

 ◯ 新潟県見附市、新潟市、三条市

 ◯ 福島県伊達市

 ◯ 岐阜県岐阜市

 ◯ 大阪府高石市

 ◯ 表保険豊岡市

 ◯ 筑波大学、株式会社つくばウエルネスリサーチ

 

 

特別区での実施内容

スマートウエルネスシティー総合特区で、運動すると買物などに使える「健幸」ポイントを地域住民に付与する事業が始まります。

 

以下にその内容を示します。

ポイント名称 運動内容 期間最大ポイント数 年最大ポイント数
がんばっています 歩数の増加、推奨歩数の達成 800/月 9600
行きました 参加日数(月10日まで) 200/月 2400
変わりました BMI(体格指数)や筋肉率の改善 1000/3ヶ月 4000
健康になったよ 健康データの改善、基準範囲内 3000/年 3000

 

ポイントを付けることにより、健康つくりにあまり関心のない無関心層の方にも参加する動機付けになることを調べるそうです。

健康つくりにより医療費などの削減も狙っています。

 

 

高齢者の寝たきり予防

日本の高齢者が寝たきりになるのは、以下の3つが大きな原因です。

 

 ◯ 認知症

 ◯ 脳卒中

 ◯ 転倒・骨折

 

高齢者が健康を維持するには、有酸素運動(ウオーキングやジョギングなど比較的継続できる運動)と筋トレが大切で、寝たきりの予防になります。

 

高齢者の始めやすい有酸素運動は、歩くことです。

目標は、1日8000歩ぐらいですが、一度に8000歩でなく細切れで達成しても有効です。

1週間に7日分の5万6000歩が目標です。

 

 

寝たきりの防止と地域活性化をねらう『スマートウエルネスシティー』!!
特区構想は、ポイント付与による動機付けで参加者が増えることを狙っています!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン