生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】新型うつと呼ばれる適応傷害

【医療保険】新型うつと呼ばれる適応傷害



 

会社でのストレスが原因で会社を休む適応症にかかる若年層が増えています!!
軽度のうつ病と区別がつきにくく放置するとうつ病に進む可能性が高まります!!


 

 

適応傷害

適応傷害は、人事評価や職場のストレスが原因で日常生活や職業・学業で著しい傷害が発生し一般的な社会生活ができなくなる傷害です。

 

ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。

ストレスの原因からは慣れると症状は改善して行きます。

 

適応傷害にかかる方は、人口の1%ぐらいと言われています。

日本での末期がん患者の調査では、16.3%の方が適応傷害と言われています。

末期がん患者のストレスが高いことが示されています。

 

適応傷害と診断された方の40%以上の方が5年後にはうつ病などのより重い病名になっています。

適応傷害は、より重い病気の前段階の可能性があり見過ごすことはできません。

 

 

若年層の適応傷害

会社や仕事のストレスから仕事への意欲を失い全身けんたい感などにより会社を休む20〜30代の若年層が増えています。

病名は適応傷害ですが、初期のうつ病と似た症状です。

仕事を休むと元気になり、出社すると体が動かなくなり対応に苦慮します。

 

仕事はできる人でも遅刻や早退が多い人の評価が好ましくないことがあります。

この評価に不満を持ち意欲低下や食欲不振、不眠などの症状が見られます。

 

このような方は、以前も多くいましたが仕事ができることで問題になりませんでした。

近年の評価制度導入により発覚・発生してきたとも言えます。

今後も増えて行くことが予想されます。

 

 

治療

きちょうめんで周囲を気遣う人に多いうつ状態と異なり、適応傷害は自分自身への愛情が強く、周囲への不満を持つことが多いようです。

 

薬による治療よりは、仕事や周りの人への考え方を修正して行くことが必要です。

 

その人の自覚と周囲の評価のミスマッチのストレスから発病すると考えられます!!
放っておくとより重い症状になるので、カウンセラーの役割が重要となります!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン