生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【がん保険】がんと共生し仕事を続ける

【がん保険】がんと共生し仕事を続ける



 

日本人の2人に1人はがんにかかります!!
1981年に脳卒中を越え死因の1位になっています!!


 

 

男性がん患者

男性のがん患者の死者数は以下の順になっています。

 

 ◯ 肺がんがトップで急激に増えていて最近の年間死者数は5万人を超えています

 ◯ 次が胃がんですが死者数はわずかに増加していて年間死者数は3万人ぐらいです

 ◯ 次が大腸がんで肺がんよりないのですが増加していて年間死者数は2万人を超えています

 ◯ 次が肝臓がんで少し減少していて年間死者数は2万人ぐらいです

 

 

女性がん患者

女性のがん患者の死者数は男性よりは少ないのですが女性特有のがん患者もいます。

女性のがん患者の死者数は以下の順になっています。

 

 ◯ 大腸がんと肺がんは同じように急激に増加しています

 ◯ 大腸がんの死者数の方が少し多く最近の年間死者数2万人ぐらいです

 ◯ 次が乳がんで伸び率は少し減りますが増加していて年間の死者数は1万人を超えています

 ◯ 次が子宮がんで1995年頃最低でその後少し増え年間の死者数は5千人ぐらいです

 

 

生存率

2000年〜2002年の生存率は、56.9%でした。

2003年〜2005年の生存率は、58.6%に増加しています。

 

がん患者の6割は感知すると考えられます。

がんは死に至る病から共生し生活を継続する病に変わってきています。

 

 

働くがん患者

通院しながら働いているがん患者数は、厚生労働省の調査で32万5千人ぐらいと推定されています。

がんにかかると仕事を辞めてしまうがん患者も多く、構成労働者の試算では、がん患者が仕事を辞たことによる労働損失は、年間1.8兆円と予想されています。

 

これを受けて、2012年度からの「がん対策推進基本計画」にがん患者の就労支援が加えられています。

働きたいのに働けないがん患者も多くいます。

働いているがん患者でもその3割は依願退職や解雇の経験があることが厚生労働省で行ったアンケートで示されています。

 

 

がん患者で働く人が増え保険師を配属するなど職場の体制も整ってきています!!
すべての職場で整っている訳でなくハローワークなどの就労支援の充実が望まれます!!


 

 

がん保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン