生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【生命保険】保険料控除で節税

【生命保険】保険料控除で節税



 

年末調整の時期になりました!!
生命保険料控除で税負担を減らせます!!

 

 

生命保険料控除制度

生命保険の年間保険料の内、一定の金額を所得税と住民税の課税所得から差し引くことができる制度です。

死亡保険などの一般生命保険、個人年金保険、介護医療保険が対象です。

2012年以降の契約分から適用されます。

 

配偶者が年末調整を受けない場合は、配偶者の保険を合算して控除できます。

しかし、合算しても控除額の最大は所得税で12万円です。

 

以下に控除額の上限を示します。

 

保険の種類 所得税控除 住民税控除
一般生命保険 4万円 2万8000円
介護医療保険 4万円 2万8000円
個人年金保険 4万円 2万8000円

 

 

所得税控除の計算

それぞれの計算表は、同じです。

以下に所得税控除の計算法を示します。

 

年間生命保険の合計 控除額
2万円以下 支払額
2万円〜4万円以下 (支払額/2)+1万円
4万円〜8万円以下 (支払額/4)+2万円
8万円以上 4万円

 

 

住民税控除の計算

それぞれの計算表は、同じです。

以下に住民税控除の計算法を示します。

 

年間生命保険の合計 控除額
1万2000円以下 支払額
1万2000円〜3万2000円以下 (支払額/2)+6000円
3万2000円〜5万6000円以下 (支払額/4)+1万4000円
5万6000円以上 2万8000円

 

 

2012年以前の控除

2012年以降の契約で控除の対象に介護医療保険が加えられました。

2012年以前の契約では、介護医療保険は対象になりません。

 

その代わりに一般生命保険と個人年金保険の所得税の控除は最大5万円です。

2012年以前の保険契約で各々5万円の向上を受けていた人が2012年以降介護医療保険に加入し4万円の所得税控除を受けると最大で14万円になりますが、最大控除額は12万円なので注意が必要です。

 

 

配偶者分も必要なら合算して税控除を申請しましょう!!
申請には保険会社の発行する証明書が必要ですので捨てないで取っておいてください!!

 

 

死亡保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン