生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】身近になった遺伝子検査

【医療保険】身近になった遺伝子検査


 

インターネットなどを通して個人が直接遺伝子検査を受けることが出来ます!!
唾液を容器に入れて送るだけで料金も1万円ぐらいから受けることが出来ます!!

 

 

遺伝子検査

遺伝子は、DNAと呼ばれる化学物質でらせん階段のような構造をしています。

階段のステップに当たる部分は、4種類の塩基で構成されています。

 

この塩基には、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)と呼ばれています。

この4種類の塩基が約30億個並んでいて遺伝子の型を構成します。

その並び方が遺伝情報を表しています。

 

遺伝子の型が同じ種類の意図達は、特定の病気にかかりやすいことや似た体質を持っています。

遺伝子検査は、遺伝子の型を調べて病気にかかりやすさや体質を調べる検査です。

 

 

遺伝子検査の種類

遺伝子検査の目的には、以下に示すような色々な種類があります。

 

 ◯ 医療機関で病気の診断や治療法を調べる

 ◯ 親子関係などを調べる

 ◯ 健康管理を目的に病気のかかりやすさや体質を調べる

 

 

検査で分かること

遺伝子検査により以下のような検査項目で日本人の平気に比べてかかりやすさが何倍かが示されます。

以下は、ある検査のサンプルです。

 

検査項目 日本人の平均との比較(倍率)
肝臓がん 2.56
肺がん <1.42/td>
胃がん 1.19
大腸がん 0.81
花粉症 1.03
尿路結石症 0.74
痛風 1.94
高血圧 1.01
肥満 0.95

検査会社によりもっと多くの検査項目があります。

 

検査で分かることは、かかりやすさや体質の目安です。

倍率が高い場合は、その病気にかかりやすと言うことは出来ますが、実際にかかると断言することは出来ません。

 

遺伝子検査で病気にかかりやすいことや体質が分かります!!
自分の遺伝子の型を知ることで、病気にかかりにくくなる生活習慣を実践しましょう!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン