生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【年金保険】世界的複合危機への備え

【年金保険】世界的複合危機への備え



 

日本のデフレは1998年から今も続いていると言われています!!
日本だけでなく世界でデフレが予想され複合危機が叫ばれています!!>

 

複合デフレ

1998年に以下に示すデフレが始まったと考えられています。

 

 ◯ 経済全体の需要不足(国内総生産=GDPギャップ)

 ◯ 資産価格の低下による資産デフレ

 ◯ 世界経済のグローバル化による安価な商品の供給拡大

 ◯ 安価な輸入品の増加

 ◯ 債務返済圧力による消費・投資の抑制

 ◯ 悪化したバランスシートを回復しようとする銀行の貸し渋り

 ◯ 人口減少による需要の減退

 ◯ 将来の年金制度への不安による消費の慎重化

 ◯ 企業のリストラに伴う雇用減少や非正規雇用の増加など

 ◯ これらの多様な要因が重なりあっており、「複合デフレ」

 

日本の問題と思われていましたが、世界の問題でもあり複合危機と叫ばれています。

 

複合危機

最近日本も含め世界で経済成長率の低下が見られます。

米国だけでなく中国でも経済成長率が低下しています。

 

日本だけでなく世界で3つの危機が同時に起きていると言われます。

これが中間層に打撃になると言われています。

 

その一の金融の保守化

資産バブルの生成と崩壊は、金融仲介機能を低下させ中小企業や起業への融資が減り、投資を抑制し需要が減少する負の相乗作用を発生させ中間層に打撃を与えると言われています。

 

その二のITの進展

ITの進展は、コニュニケーションを良くし、生活を効率化させ世の中に望ましいと思われています。

 

しかし、過去の技術革新に比べると雇用創出が弱いと言われます。

高報酬の仕事がIT化でコンピュータに置き換わられ安価になり熟練技術を不要にさせ非正規の低熟練技術者に移りつつあります。

これは、多くの業務に広がりつつあり中間層に打撃を与えます。

 

その三の高齢化

高齢化は日本に顕著ですが、今後ドイツや中国は日本並に高齢化が進みます。

韓国では日本以上の高齢化が進みます。

 

高齢化の進展は介護で需要が創出されますが若年層が多い時代の経済発展は望めません。

低成長時代が続くと予想されます。

 

今後の世界はとくに中間層に複合危機の打撃が予想されます!!
今のうちから資産を増やすことや働き方を考えて備える必要があります!!

 

 

年金保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン