生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【企業型確定拠出年金】マッチング拠出の上乗せ

【企業型確定拠出年金】マッチング拠出の上乗せ



 

企業型確定拠出年金のマッチング拠出は2012年から始まっています!!
10月から掛け金の上限が引き上げられます!!

 

企業型確定拠出年金

企業型確定拠出年金は、従業員が加入します。

掛け金は企業が出し,加入者である従業員が金融商品を選択して運用するもので日本版401Kと呼ばれています。

 

加入している従業員は、時期(通常60歳)が来ると退職金として受け取るか年金として受け取るか選択することが出来ます。一部を退職金として残りを年金として受け取ることも出来ます。



 

 

マッチング拠出

加入者である従業員は掛け金を負担できなかったのですが、2012年から掛け金を上乗せできるマッチング拠出が始まりました。

マッチング拠出は,企業が拠出する掛け金に加えて従業員が上乗せして掛け金を拠出できる制度です。

 

2012年の段階では,他に企業年金を行っていない場合の上限は、月5万1000円でした。

他に企業年金がある場合の上限は,月2万5500円です。

これが10月から5万5000円(他に企業年金がある場合は2万7500円)に引き上げられます。

従業員が上乗せするマッチング拠出は,企業の拠出額以下ですのでこの面からの制限もあります。



 

 

メリット

マッチング拠出金は、その年の収入として計算されないために所得税や住民税の支払いを抑えることが出来ます。

退職金として受け取る時に課税されますが、退職金の税金は控除が大きく有利です。

 

マッチング拠出で毎月1万円を拠出した場合の減税軽減のイメージを以下に示します。

 

年間の所得金額 300万円 500万円 700万円 1000万円
10年加入 約24万円 約36万円 約39万円 約51万円
10年加入 約24万円 約36万円 約39万円 約51万円
20年加入 約48万円 約72万円 約78万円 約102万円
30年加入 約72万円 約108万円 約117万円 約153万円

 

 

デメリット

マッチング拠出では、拠出額が給料天引きで60歳まで引き出せないデメリットもあります。

税金が安くなり,確実に溜めることができるのでメリットとも言えますが,子供の教育期間など資金な必要な時期もあるので注意が必要です。

 

拠出金額は変更できるので子供が卒業したら増やすなど、生活事情にあわせて金額を変更することができます。



 

マッチング拠出は税金も減り老後資金を確実に増やせる有利な制度です!!
金融商品を選択することが必要なので良くチェックし有利な金融商品の選択が重要です!!

 

年金保険をまとめて比較する

 

 

 

キャッシュバックキャンペーン