生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【がん保険】前立腺がんの治療法

【がん保険】前立腺がんの治療法



 

前立腺がんは、食の欧米化や高齢化の進展などから男性に急増しています!!
男性では,2020年には胃がんに次いで2番目になると予想されます!!

 

 

前立腺がん

前立腺は男性だけにある器官ですので女性は前立腺がんの心配ありません。

前立腺は,ぼうこうの下にあり尿道を取り囲んでいます。

 

ぼうこうは、尿を一時的に溜める袋状の器官です。

前立腺は,精襄から分泌された精襄液を精巣で作られた精子と混合し精液を作り、射精における収縮や尿の排泄などを担う器官です。

 

 

症状

前立腺がんは、尿道から離れた前立腺の外側に発生することが多いため、早期ではほとんど自覚症状はないと言われています。また、前立腺肥大症は前立腺の内側に発生することが多く、比較的早期に尿道が圧迫され排尿障害の症状が出ます。

 

症状が出た時にはかなり進行しています。

PSA検査が行われるようになり早期に発見できるようになりました。

他のがんと同じく早期に発見できれば高い確率で根治が可能です。

 

 

PSA検査

前立腺がんの発見には,PSA検査が有効です。

血液検査と一緒にPSA検査をしてもらいましょう。

健康な人のPSA値は2ng/mlぐらいで年齢とともに上昇し50歳で4ng/ml以下が標準値と言われています。

 

 

治療

前立腺がんは、転移がない場合は手術でがんを削除したり、放射線治療が行われます。

既に転移している場合は,ホルモン療法が行われます。

 

ホルモン治療が効かなくなった場合は,抗がん剤治療に移りましたが、男性ホルモンを抑える新薬が発売されました。

この新薬は,男性ホルモンががん細胞で作られるのを防いだり細胞核に取込まれるのを防ぎがん細胞が増えないようにします。

以前の薬だけでは防げない男性ホルモンの働きを遮断しがんの進行を抑えます。

 

発売されたホルモン製剤は,アビラテロン、エンザルタミド、カバジタキセルの3種です。

 

この新薬は,1回(あるいは1ヶ月)の投与で40万円から60万円かかり健康保険が適用されますが高価な薬です。

 

がんは早期発見が重要です!!
高齢者に多いがんなので50歳になったら健康診断時にPSA検査も行いましょう!!

 

 

がん保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン