生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【医療保険】心の病への備え

【医療保険】心の病への備え



 

うつ病になどの心の病にかかる人が増えています!!
平成8年のうつ病患者数は104万人で122人に1人になります!!

 

 

症状

うつ病は、「心の病」と言われていますが「脳の病気」です。

残念ながら、原因は、まだ分かっていません。

 

うつ病には、以下のような症状があります。

 

         症    状
憂うつ、悲しい、何も望みがない、落ち込んでいる
趣味などに興味が感じられない、何をしても面白くない
食欲が低下し、体重が減少する
不眠、寝付きが悪い、睡眠時間が極端に長くなる
動きが遅くなり口数が減る
焦燥感が強まりじっとしていられない
体が思い、気力が低下する
罪悪感にとらわれる
集中力や決断力が低下する
死んだ方がましだと考える

 

 

治療法

一般的な治療法としては、薬物療法で気分を安定させ、非薬物療法(心理療法、運動療法など)で下支えをします。

生活・栄養指導を行うことで、うつ病の症状が改善されることもあります。

 

 

家計のやりくり

心の病気の患者を支援する以下の制度があります。

 

名称 対象 内容 窓口
自立支援医療 心の病気の通院治療 医療費の自己負担が1割 市町村窓口
高額医療費 高額の治療費 1ヶ月当たりの負担額に上限 公的医療保険
傷病手当 休業で収入なし 標準報酬月収の2/3が最長1年半 健保組合
障害年金 一定の傷害状況 傷害基礎年金、傷害厚生年金 年金窓口
生活保護 基準以下の収入 生活費を保障 市町村の福祉課

 

 

保険

既に保険に加入している場合、加入後にかかった病気は、原則保障内容に影響しないのでうつ病も保障されます。

うつ病にかかった後で一般の保険に加入することは通常困難です。

「引受基準暖和型」保険には加入できますが保険料は割高になることが多くあります。

または、うつ病を不担保にすれば一般の保険に加入できますが、この場合うつ病は保障されません。

 

保険に加入後にうつ病が発生した場合は原則保障されます!!
若い内に加入するすると保険料も安いこともあり保険は早く検討しましょう!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン