生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【傷害保険】転倒リスクへの備え

【傷害保険】転倒リスクへの備え



 

高齢者の転倒による骨折は寝たきりの原因になるなど非常に怖い事故です!!
これに対応する新薬や保険が次々に出てきています!!

 

 

高齢者の骨折の怖さ

80歳代以上では、骨折から1年以内の死亡率が男性で5割、女性で3割にもなります。

身長が1、2センチ低くなったと気がついたら背骨の検診を受けた法が良いと言われています。

 

骨粗鬆症患者が1300万人います。

骨粗鬆症患者は、骨折のリスクが高まり、備えを考える必要があります。

 

骨粗鬆症の新薬や骨折リスクに備える保険が出てきています。

 

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨形成速度よりも骨吸収速度が早いため骨に小さな穴が出来る症状です。

骨の変形、痛み、骨折の原因になります。

 

ホルモンの分泌バランスが変化する更年期以降の女性に多く、患者の8割は女性です。

60歳女性の3人に一人、70歳女性の2人に一人が骨粗鬆症患者と言われています。

 

カルシュウムとビタミン(D、K)さらにはタンパク質、ミネラルなどの栄養素を摂取することが骨粗鬆症の予防に効果的です。

このような食生活や適度の運動を行う生活習慣の改善が効果的です。

 

 

骨粗鬆症の新薬

骨粗鬆症の治療薬は、骨が溶けることを防ぐものと骨の成長を促すものがあります。

 

骨が溶けることを防ぐ薬は「ビスフォスフォネート製剤」が使われていました。

昨年、破骨細胞のタンパク質を攻撃する「デノマブ」と言う新薬が承認されました。

この新薬は、外側の硬い骨と内側の網目状の骨の両方がバランス良く増え大腿骨骨折の予防に効果があります。

 

骨の成長を促す薬は、骨芽細胞に骨作りを働きかけるホルモンを使った「テリパラチド」があります。

 

 

 

高齢者の骨折に備える保険

通常の終身保障の医療保険に加入できるのは、69歳までですが、70歳以上で加入できる保険が出てきています。

 

その一つにアフラックの「EVER」があります。

85歳まで加入でき、肺炎、脳卒中、骨折などの病気やケガが傷害保障されます。

入院は日帰りから一律2.5万円、6日以降は1日につき5,000円です。

手術は1回につき20万円、放射線治療は1回、5万円が保障されます。

また、2,000万円まで保障される総合先進医療特約を月99円で付けることが出来ます。

 

その他、70歳以上で加入でき保険料も安価な少額短期保険があります。

 

 

骨折に備えることも必要で新薬や保険があります!!
また、骨折を予防する食生活や生活習慣の改善を行い、骨折を防ぐ準備をして行きましょう!!

 

 

医療保険をまとめて比較する

 

 

 

キャッシュバックキャンペーン