生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【がん予防】運動が効果的

【がん予防】運動が効果的



世界保険機構(WHO)は、1日30分、週5日以上の運動を推奨しています。

 

 

21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」が進められています!!
「健康日本21」では、1日30分、週2回以上を推奨しています!!

 

 

「健康日本21」


「健康日本21」は、国民健康づくり対策として、2000年から厚労省(当時は厚生省)で進められている施策です。

がん、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病の予防を目的としています。

栄養状態レベルでは、適正体重や死亡エネルギー比率、食塩、野菜、カルシュウムなどの適切な量の目標値を定めています。

 

運動の効果


毎日15分程度の運動でも心血管疾患やガンの要望に役立ち、死亡率が14%減少し、平均余命が3年延長されることが分かりました(台湾での調査)。

 

禁煙や節酒も重要ですが、運動(体を動かすだけでも)の生活習慣を作ることが重要です。

日本やアジア諸国では、欧米に比べて運動習慣を持つ人が少ないと言われています。

 

週1回気を入れて運動するよりは、毎日出来るだけ体を動かすようにするのが効果的です。

平均寿命は長野県が男女とも1位ですが、75歳未満のがんによる死亡率が最低なのも長野県です。

高齢になっても農作業に従事する人が多いからとも言われています。

 

積極的な運動ががんを予防


東京ガス健康開発センターでは、定期検診を受けた9,677人(平均年齢36.4歳)を運動量により5グループにわけがんの死亡率を調査しました。

その結果、がん死亡率は「運動不足グループ」が最も高く、「積極的に運動しているグループ」の4倍近くになっているそうです。

 

運動は大腸がんや乳がんの予防に効果的


米国国立がん研究所では、運動することにより大腸がんの危険度を40%〜50%減らし、乳がんの危険度を30%〜40%減らすことを示しました。

 

米国の調査ですが、乳がんにかかったことがある人で運動習慣のある人は、その後の再発率と死亡率が低くなることが示されています。

 

毎日体を動かす運動習慣を身につけましょう!!
健康な生活はがん予防にも効果的です!!

 

がん保険をまとめて比較する

 

 

キャッシュバックキャンペーン