生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【変額年金保険】元本保証型の推薦

【変額年金保険】元本保証型の推薦



年金額は、厚生年金に加入の場合、単身であれば満額でも月々17万円ぐらいと言われています。夫婦の場合は配偶者が専業主婦で6万円ぐらいですので会わせると月々23万円ぐらいになります。

 

年金予想額は簡単にシミュレーションできます!!
年金予想額と家計を対比し老後の必要額を調べ安心な老後送る計画を立てましょう!!

 

 

生死に関係なく支払われる個人年金保険


死亡保険も残された家族の生活に必要なことから必須と言えます。
しかし、死亡時に保険金が支払われることから、老後の生活には役に立ちません。

通常は公的年金だけでは老後は安心とは言えません。

そこで、契約した年齢に達したら、公的年金に上乗せして支払われる個人年金を契約する方が増えています。

 

年金保険は契約した年齢に達すると一定期間支払われる確定年金や生きている限り継続して年金が支払われる終身年金があります。

平均寿命ものびていますので、生きている間支払われる終身年金を勧めます。

 

変額年金保険


変額年金保険は、契約者が保険料を運用する投資信託を選ばなければなりません。
年金額が一定の確定年金に比べ、運用実績によると言うリスクがありますが通常確定年金額より大きくなると予想され、更に、インフレに強いと期待されることから変動年金保険に加入する方が増えています。


 

私は投資信託が分からないので選択できませんと言う方に!!
保険会社で用意している投資信託の中から選択することで選択が容易になります!!

 

確定年金保険の予定税率は変わりませんが、変額年金保険の投資信託の運用は確定年金保険に比べインフレ時に有利似なると予想され、投資のリターンが増えると期待されるので、インフレ時にはメリットがあります。

 

デフレが長く続いているので、これからインフレになるかデフレが今後とも続くのかどうか分かりませんが、デフレよりもインフレの方が生活に影響が大きいことからインフレに対する備えが重要です。

 

デフレより大きな危険のあるインフレに強い、元本保証の付いた変動年金を勧めます。

昨今低金利が続いていることから、保険会社の予定金利は低く設定されています。

この点からも、変動年金型を推薦します。

 

 

変額年金保険の注意点


インフレに強いと期待され、悪くても元本保証の付いた変動年金保険を推薦しますが、注意点もあります。

それは、どのような場合でも元本保証があるのではなく、元本保証の条件があります。

この条件は、解約時に発生します。

 

年金保険には、据置き期間があり、この時期に解約すると初期の場合8%程度の手数料が必要となり元本割れになる可能性が大きくなります(確定年金保険でも途中で解約すると手数料がかかります)。

途中でどうしても資金が必要になり、解約しなければならない状況も有り得ます。

安心した生活の出来る資金計画は、1つの方法に絞らないで複数の計画(分散投資)を計ることが必要です。

 

インフレ時には、貯金を持っていても意味がなくなります(過去の歴史から)!!
相対的にとは言えインフレに強いと予想できる変額年金保険を考えましょう!!

 

年金保険をまとめて比較する

 

 

 

キャッシュバックキャンペーン