生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 不思議な相続税の仕組みと生命保険金の相続税対策

不思議な相続税の仕組みと生命保険金の相続税対策



税金や年金は、戦費対策として導入されて来た歴史があります。相続税は、1905年(明治38年)、日露戦争の戦費調達として始まりました。

 

 

相続税には、アメリカやイギリスの遺産税とフランスやドイツの遺産取得税があります!!
日本は、遺産取得税ですがその仕組みは独特です!!

 

 

遺産税


遺産税は、アメリカやイギリスで行われている遺産相続の考え方で、残された財産に課税される考え方です。
死亡した場合に、相続の執行人が遺産を清算し相続人に渡す仕組みです。
遺産が大きければ大きいほど相続税も大きくなります。
遺産を分配する前に課税されるので、遺産を受け取る人には、相続税はかかりません。

 

よく小説に出てくる仕組みです。

 

遺産取得税


遺産取得税は、フランスやドイツで行われている遺産相続の考え方で、相続人各自が受け取った額に応じて相続税がかかる仕組みです。
日本では戦前、戸主が全ての遺産を相続する仕組みだったので遺産税の考え方でしたが、戦後に遺産取得税に変わりました。

 

日本の相続税が独特なのは、以下の様にして相続税が決まるからです。

☆   遺産額から債務と基礎控除を差し引き課税額が決まる

☆   法定相続人で分けて税額を計算し合算し相続税の総額が決まる

☆   実際の相続割合で分割し、それぞれの税額控除を差し引き各自の相続額が確定

この考え方のポイントは、遺産相続の税額が実際の相続と関係なく、相続人の数で決まることです。
多くの遺産(主に土地)を相続を相続人の税は減額されますが、少ない遺産を相続する相続人の税も増える訳ではないので異論はなかったようです。

 

遺産の相続人が複数いる場合、多くの遺産を相続する相続人の遺産取得税は安くなります。


 

日本の相続税は、多くを相続する人に減額の仕組みが導入されています!!
これは、農地の長男相続の税金を減額する仕組みで日本独自の考え方です!!

 

生命保険を活用した相続税対策


生命保険金には、「死亡保険金の相続税非課税限度額」と言う非課税額があるので、その分相続税を減額できます。

 

 

現時点で、500万円×法定相続人まで非課税になります。

貯金は非課税額がなく、その分生命保険が有利なので生命保険に入っておくことを勧めます。

 

死亡保険の資料を請求する

 

キャッシュバックキャンペーン