生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 【チューリッヒ生命】収入保障保険プレミアム

【チューリッヒ生命】収入保障保険プレミアム



鵜入保障保険とは、生計維持者が死亡、または高度障害状態になった場合に、
保険期間満了時まで毎月一定額の年金を受け取れるタイプの生命保険です。
通常、一般的な収入保障保険では病気やストレス性疾病、不慮の事故による障害状態で就業不能になった場合の収入減少には備えることができません。

しかし、この商品は、「収入保障」の本来あるべき目的に着目をして、収入保障保険のさらなる進化を目指して考え抜かれました。「ストレス性疾病保障付就業不能保障特約」を付加することで、そうした場合の保障を提供できるようにしました。

こちらの特約は、「就業不能年金」「ストレス性疾病年金」を用意してあります。
就業不能年金では、がん(悪性新生物)、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全の5疾病で就業不能状態が該当した日を含めて60日を越えて継続したと診断されたときに保険期間満了日まで毎月年金が支払らわれます。

一方、チューリッヒ生命の定めるストレス性疾病で不担保期間(60日または365日)を超えて入院した時には、ストレス性疾病年金を2年間(主契約の年金支払保証期間が1年間の場合は1年間)支払う。と決められています。

例えば、35歳で主契約に「ストレス性疾病保障付就業不能保証特約を」付加し、保険期間・保険料払込期間を60歳満了で契約した場合、契約から5年1ヶ月の40歳で就業不能年金の支払事由に該当後、契約から10年1ヶ月目の45歳で死亡すると、40歳から45歳死亡時までは就業不能年金が毎月支払われ、死亡後は60歳の保険期間満了まで死亡年金が毎月支払われます。


また、「3大疾病保険料払込免除特約」を付加することで、がんと診断、または急性心筋梗塞、脳卒中で入院した場合には、以後の保険料の払込は不要となります。
ただし、こちらは上皮内新生物は保険料払込免除の対象外となります。


さらに、保険料体系は2013年12月発売の「定期保険プレミアム」と同様、『お客様の健康を応援します』をコンセプトに、健康状態に合わせたリスク細分型保険料率を採用して、ユーザーには嬉しい料金体系となっております。

キャッシュバックキャンペーン