生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 自動車保険の歴史

自動車保険の歴史



日本に自動車保険が登場して100年が経ちました。
東京海上日動の前身である東京海上が営業許可を得て、
自動車保険が日本社会に登場をしました。

当時、自動車は非常に高価で、一部の富裕層が所有していましたが、
全国でも1,000台程度しか普及していなかったようです。

しかし、高価な財産として扱われていたため、補てんする目的で
所有者のほとんどは自動車保険に加入していたそうです。


その後、自動車の保有台数は激増し、40年後の1953年には100万台を突破しました。
それに伴い、事故も激増。1953年の死傷者は65,000人に達してしまいました。

そのため、交通事故被害者や遺族の救済は大きな問題となり、
法律が改定され、自賠責保険が義務づけられました。

 

 

 

 

 

自動車保険の自由化

自動車保険の自由化が加速し、リスク細分型自動車保険の通信販売が認可されたことによって、
外資系保険会社が次々と参入してきました。
リスク細分型自動車保険の登場によって、損保各社の価格競争も激化していきました。

また、「レッカー現場急行サービス」や「クイック修理サービス」、「24時間いつでも対応」
など、サービス面でも様々な差別化を測っていきました。

 

 

 

 

 

事故の未然防止に取り組む

近年では、事故の未然節や損害率改善に向けた取り組みも進んでいます。

自動車保険は成長してきたが、交通事故件数の削減や自動車保険の損害率改善は過去も現在も大きな課題です。

自動車はさらなる消費者の安全を追求して技術開発が進められています。

 

100年間で様々な進化を遂げてきた自動車保険!
最新情報は保険の専門家に相談をしてみましょう!

キャッシュバックキャンペーン