生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > オリックス生命【がん保険ビリーブ】

オリックス生命【がん保険ビリーブ】



オリックス生命は、2月1日から全販売チャネルで、50歳から75歳の人が加入する場合の【がん保険ビリーブ】の最低入院給付金日額を引き下げると発表した。


これまでの1万円から5000円に引き下げることで、顧客の保証ニーズにより応えることが可能となる。

今回、給付金日額を変更した背景には、年齢と共に上がる保険料は、
年齢によっては保証内容と保険料のバランスが合わず、
顧客の希望に応えられないケースがあったことにある。 


また、保障プランの見直しに伴い、通信販売チャネルにおける【がん保険ビリーブ】の
入院給付金日額1万円超のプランは、1月31日で取り扱いを終了する。


変更された入院給付金日額は次の通り・・・

代理店販売=50歳〜75歳(1万円〜4万円→5000円〜4万円)

通信販売 =6歳 〜49歳(1万円、2万円→1万円)
      50歳〜75歳(1万円、2万円→5000円、1万円)


みらいのカタチの柔軟性には驚きの一言ですね。

今の保険との比較を専門家に無料相談してみてはいかがでしょうか!

 

オリックスのがん保険がさらに入りやすいカタチになりました。
今の保険との比較を専門家に無料相談してみてはいかがでしょうか!

 

 

この資料を請求する
がん保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン