生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 知っておくべき相続税の知識について 相続税をなるべく払わない工夫

知っておくべき相続税の知識について 相続税をなるべく払わない工夫



税金には様々な種類があります。
身近なもので言えば、住民税や消費税などが挙げられます。
このように日常生活でよく触れる税金もあれば、その時にならないと払うことのない税金もあります。 そんな税金の一つに、相続税があります。

 

相続税について

相続税とは、例えば親や家族が亡くなった時に、その人の財産を受け継ぐ際にかかる税金のことを言います。
ただし、全ての財産に税金がかかる訳ではなく、一定金額以上の場合のみ、税金を支払わなければなりません。
ゆえに、多額の財産を相続する場合は、その額に応じた相続税の支払い義務が生じます。
意外にも、この税金の存在を知らない人が多く、財産の全てを受け継ぐことができると思っている人がいます。
ゆえに、いざその時が来た時に、何も準備していなかったために税金の申告が遅れてしまったり、税金が支払えずに相続放棄をしてしまう場合が多々あります。
そうなる前に、事前に相続税に関する知識を身に付け、対策をとる必要があります。

 

相続税の対象

ではまず初めに、先ほどから使用している財産という言葉ですが、お金はもちろん、美術品や宝飾品、土地、不動産など故人名義のものを指します。
ゆえに、お金はなくても不動産をたくさん持っている場合は、土地の地価によっては高額な税金がかかる可能性もあるのです。

 

平成26年から相続税の基礎控除額が引き下げられます!!
これから相続税のかかる遺産相続が増えるので注意してください!!

ゆえに、生前にどれほどの財産があり、それがどれくらいの価値を持っているのかを事前に調べておけば、それにかかる税金の額を計算することが可能です。
税額を把握したならば、次に節税対策を実施します。
例えば、土地や不動産を多く所有している場合は、生前に名義人を相続人に変更しておくことで相続税を支払わなくて済みます。
ただし、土地の取得税はかかりますので、気を付ける必要があります。
また、お金そのものは名義人の変更などがないので、そのまま受け取るか、その金額より価値の低いものに変えて相続すれば、少なからず相続税の圧縮に繋げることができます。
以上のように、事前に準備しておけば、いざという時に困ることはありません。
相続税というのはとても理不尽な税金だと思います。
自分の家族の財産を譲り受けるのになぜ自分がお金を払わなければいけないのか、家族の財産をもらうというのは家族であればごく当然のことなのにという感情を持つでしょう。
しかしいくらそのような感情をもったところで政府に訴えようもないですし、税務署なども厳しく監視している手前相続税は遅かれ早かれ払うことになってしまうのです。
たとえばその相続した財産が土地などのように現金で手に入らない場合というのはかなり悲惨です。
なぜなら土地を相続した場合でもその土地の値段から税金は算出されますが、相続税というものは現金で払わなければいけないからです。 ですからもし土地だけ相続したという場合にはその相続税を払うだけのお金が手元にない場合はその相続した土地を切り売りしてでも現金を生み出さねばならないのです。

 

土地だけの相続は、注意が必要です!!
土地の相続でも相続税は、お金でおさめるからです!!

そしてその税というのがかなり重い割合でかかってきます。 相続した量が多ければ多いほどその税の割合は重くなってゆきます。

 

相続するには、相続税の事前の検討が必要

ですから多くの資産を持っている人はその税金をどのように対処すればよいのかというのに頭を悩ませるのです。
数百万の単位では控除もある影響であまり税金の額は多くはありませんがそれが数千万や数億となってくると下手をすると相続した財産の半分ほども税として持って行かれてしまうということになりかねないのです。

 

相続税の節税には、生前贈与を考えましょう

そこでその税金の対策としてお勧めするのが、生前贈与という方法です。
この方法は、財産を持っている人が生きているうちに財産を相続人に贈与するというものです。
これも税金はかかるのですが、一年に103万円未満の贈与の場合は控除によって全く贈与税がかかりません。
そして贈与税というものは贈与されたひと一人当たりにかかってくるので、10人に贈与すると一年で1000万円ものお金が相続税を払わずに相続させることができるのです。
ただ、この方法は危ない面もありますので資産額の大きい人は税理士への相談をおすすめします。

キャッシュバックキャンペーン