生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 保険においての特約の位置付けについて 保険と特約を家族としたときの見方

保険においての特約の位置付けについて 保険と特約を家族としたときの見方



保険においての特約の位置付けは契約内容の足りない部分を補う意味合いが強いように思います。
中には本来の目的とは違った部類に属するものでも扱っているのが見受けられますが、その特徴としては付けてもいいし気に入らなければ付帯しなくてもよいのが通例です。
自動的に付帯するというのも珍しくありませんが、それは保険利用者にはメリットしかないので特に問題になりません。

 

特約の種類は豊富です

例としては自動車保険を見てみると、関連性が薄い物に自転車の保証があります。 自動車と自転車では同じ乗り物なのだからとの事でしょうが、これは別にそれぞれ別けてあっても良いくらいだと思います。 当然ながら自動車保険に付帯している方がお得なわけですから別ける必要はないのですが関連性が薄いという話です。 その薄いからと言って不要な訳でもなく、むしろそれが保険の商品としての価値を高めるサービスとして機能しています。

 

家族の自転車事故も自動車保険の特約で保障!!
特約には色々な種類があり調査して入りましょう!!

 

全く関連性のない内容を保証する仕組みを作るのは保険会社にとっても並々ならぬ努力があるのだと思われます。
そうなると保険を探している時、本来の目的の商品よりも特約から探してもいいのではないのかと思えてきます。
そうは言っても保険探しは勝手が違い難しい所ですが、出来ない事もないと思いますので試してみてはどうでしょうか。

 

保険を探しているとまた違った特約も見つかり、それは契約を保証するという何とも変わったものもあります。
インターネットでの契約といった最近の対面しない特徴があるため更、更新する事を忘れた人用に念のために付けている機能を特約としている商品もあります。
これは自動付帯なので安心ではありますが、特約と名乗らせなくてもいいように思えます。
何でもかんでも後付けのサービスを特約としているので現状はどれがどのように良いのか判断が難しいところではありますが、自動付帯は無料であるため特に気にしないでいいと思います。
有料のサービスに関しては自分にあっていて、必要なら加入するのがよいのだと思います。

 

保険と特約は家族のようなもの

保険にとって特約とは家族関係における子供のような存在だと思います。
ある保険の商品を家族と例えるならば、親は商品を開発した保険会社の開発スタッフとなり主なサービスが長男です。
そこには弟がいてもおかしくないわけで、主なサービスに付随する特約が次男になると考えられます。

 

家族がいて家庭があれば当然ながら干渉し合う関係であり、そうなるとお互いに感情が出てきても不思議ではないので、特約が親に対して何を考えているかは気になるところです。
想像してみると、生れたばかりの特約である次男は言葉も話せず何をすべきでどうしたらいいの分からずただ泣くばかりです。

しかし時間が経てば誰だって言葉を理解するように彼も自分の使命を理解します。
そして兄弟助け合って素晴らしい商品が完成するのですが、必ずあるのが反抗期であって彼らにも当然ながら発生してしまいます。
なんと親である開発スタッフに見返りを要求するのです。
これは保険が聞いてあきれますがそこは反抗期、自然と治まるので温かく見守ってあげましょう。
長男次男が反抗期を迎える頃、開発スタッフは更なる子供が欲しくなります。

 

特約の多様化

それが新たな特約となって三男、四男と次々生まれます。
新しい商品は新たな兄弟達が加わり大家族となります。

兄弟が増えれば喧嘩も絶えないと思いますが家族愛でがんばってもらいたいところです。
この様に大家族を生み出した開発スタッフにも親としての責任が生まれ、しっかりと育てていく義務があります。
性格が好ければ頭がよくないのは大目に見ても、その能力は最大限に引き出す様にしてもらいたいところです。

つまりそれが実際のところで言うサポート体制であると思います。
サポートがしっかりしている保険会社は、自分の子供達を見守りながら優秀に育てるように商品を扱ってこそ、商売を成功に導くと言えると思います。

 

保険選びにおいても商品である家族の様子をしっかりと見極めて家庭が上手くいっているか調べてから契約したほうがいいと思います。

医療保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン