生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 第一生命の告知不要型終身保険について 第一生命の男性および女性専用の終身保険について

第一生命の告知不要型終身保険について 第一生命の男性および女性専用の終身保険について



第一生命には総合保障型の終身保険のほかに、告知や医師の診査なしで加入することができる一時払い型の終身保険があり、グランロードVという名称で用意されています。

 

一時払い型終身保険グランロードV

実際の契約に際しては入院中でないなどの所定の要件を満たす必要はあるものの、告知や医師の診査が必要な保険に比べると加入がしやすくなっており、契約年齢の範囲は0歳から75歳までとなっています。
注意するポイントとしては、この保険には入院保障などの特約を付加することができない点や、無配当保険であるため契約者配当が無いこと、契約者貸付制度が無いことなどがあります。
また死亡保障はありますが、高度障害状態に該当する保障については該当がありません。
そのため保障を充実させていろんな状況に備えたいという場合には適していない面のある保険であるため、保障を求めるならばケガや病気への備えもある総合保障型の終身保険や別の医療保険などへの加入が必要になります。
一方、ボーナスや退職金など手持ちの資金を一生涯の保障や老後の資金として準備しておきたいという人や、受取人を指定して財産を残すなど相続を円滑にするための方法として利用することも出来ます。
また結婚や住宅などの資金を準備したりサポートしたりという目的での利用、さらに解約時の解約返還金で子どもの将来や老後の資金などに確実な備えを残したいという場合の活用としても有効的です。
死亡保障については契約から10年間までは経過年月数に応じて確定され、11年目以降になると終身にわたって定額となります。
また解約返還金額については加入時に確定し、安定した貯蓄性を確保することができる保険です。
契約から一定の期間は一時払保険料を下回っていますが、一定期間経過後からは一時払保険料を上回って増加していく仕組みになっています。
また途中で何らかの資金が必要になった場合には、中途解約をしたり保険金の減額をすることによって返還金を受け取ることができます。

 

男性向けの悠悠保険Uと女性向けのエスコートU一時払終身保険

第一生命には総合保障型の終身保険や、告知や医師の診査が不要な無配当型の一時払終身保険などがありますが、それとは別に契約可能年齢が3歳から70歳までの男性に対する悠悠保険Uと、同じく3歳から70歳までの女性向けのエスコートUという2つの保険商品があります。
この2つの保険では、基本となる主契約の終身保険で一生涯の死亡保障と高度障害状態への備えができます。
またこれらの保険の特長としては、主契約の払い込み満了後、終身保障に代えて老後の備えとなる年金受け取りコースを選択出来るようになっている点が挙げられます。  
そして主契約にプラスして様々な特約を付加することによって、備えを充実させることができる仕組みになっています。

 

安心の特約

医のいちばんNEOという特約では病気やケガによる1日からの入院や手術に備えることができますし、入院一時金給付特約Dを合わせて付加すれば短期の入院でも必要な諸費用に支払われる一時金で備えることができます。

この医のいちばんNEOは充実しており、病気やけがによる1日からの入院や手術に対する給付金だけでなく、放射線治療を受けた場合や骨髄ドナーとなった場合にも給付金を受けることができる保障があります。

また8大生活習慣病入院特約Dや女性特定疾病特約Dを付加することで所定の病気にも備えることが可能になります。

また3大疾病と呼ばれるがん・急性心筋梗塞・脳卒中によって所定の状態になった場合に備えるシールド特約や、要介護状態になった時に備える介護サポートなどの特約を付加すれば、より保障が充実します。
さらに保険料払込免除特約を付加しておくと、万一3大疾病によって所定の状態に陥った場合や身体障害状態・要介護状態になった時には、以後の保険料の払い込みが免除されます。  
またその他にも災害割増特約Dや不慮の事故による骨折などにも備えられる特定損傷特約D、余命6カ月以内と診断された場合に保険金を受け取れるリビング・ニーズ特約などもあります。

 

病気やけがだけでなく生活習慣入院特約や介護サポートなどの特約があります!!
色々な特約に加入することで広範囲の保障を請けれます!!

医療保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン