生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 安心して運転するために自動車保険に加入しましょう 自動車保険の使い分けについて

安心して運転するために自動車保険に加入しましょう 自動車保険の使い分けについて



たまに自動車保険に未加入で運転して捕まる人もいますが、自賠責保険は強制保険なのでまず加入しているでしょう。
しかし自賠責保険だけで十分だと思われますか。
法律的には自賠責保険に加入していれば運転は出来ますが、自分がいくら気を付けて運転しているつもりでもこれだけ交通事故があり、ましてや死亡事故が無くならないのに自賠責保険だけで安心ですか。
若い方は大きな車に乗って、自動車ローンも払って、ガソリン代も払って、車検代まで考えると、お金がなくて任意の自動車保険に加入せずに運転している方もいるでしょう。
自分は若くて運転も上手いから事故なんて起こさないと、勝手に思い込んでいるのでしょう。
軽い事故を起こせば、それが警鐘として任意の自動車保険に加入するかもしれませんが、初めての事故が人身事故で、それが死亡事故や後遺障害を残すような事故を起こしてしまったら取り返しがつきません。

 

自賠責保険

自賠責保険でもきちんと保険金の規定があり、相手が死亡した場合3000万円、後遺障害が残った場合4000万円、傷害の時120万円、が保険金の上限ときちんと明記されています。
その保険金の上限以上の賠償が来る可能性は、死亡事故等の場合はかなりあります。
場合によっては億を超える賠償を命じられる事もあります。
それに自賠責保険は対人賠償しかしないので、壊した車等のお金も賠償しなければなりません。

 

自動車事故の賠償金は高額化しています!!
自賠責保険だけでは安心できなく任意保険に加入してください!!

 

任意保険

大きな事故を起こした場合自賠責保険だけでは到底賄えません。
ですから賢明なほとんどのドライバーの方は、任意の自動車保険に加入しています。
確かに自賠責保険に比べるとかなり高い保険料になりますが、もしもの時を考えると決して高くないでしょう。

任意の自動車保険は、ガソリン代や車検代と同じ車に乗るための最低限の必要経費だと思って下さい。
大きな事故を起こすと自分だけでなく家族にも経済的に迷惑をかけることになります。
少しでも安心して車を運転するために、任意の自動車保険に加入しておきましょう。    
自動車保険は状況に合わせて掛け金が変化していくということがありますから、必要な分を適切に選択することで、無駄な出費をなくしたり要求される条件を満たせるようにするということが可能になっていきます。

自動車保険の基本的な金額設定の基準は、車種やドライバーのステータスというものがあります。
排気量の多い大型の車の場合には損壊した時の相互のダメージが大きいということなどから高めに設定されているというようなことです。
ドライバーがゴールド免許であるというようなときには、安全運転であるというような推測ができますから事故の可能性が下がります。
そのため基本となる金額についても下がっていくということになるのです。
自動車保険はほかの保険と同様に、その支払い案件が発生する可能性に対して計算がなされているということになります。

 

長期間利用による保険料の低減

長期間にわたって保険を利用し続けているというようなときには、等級が変化していきます。
初期には真中から始まり、無事故ならば翌年には一つ上昇、逆に事故などがあれば三等級下がるというようにして設定されていて、それらによって基本となる金額に対して割合で変化をさせていくのです。

事故をよく起こすというようなときには、等級が大きく下がるということになるので、割高になっていくというわけです。
そのためちょっとした事故や破損などがあった時には保険の適用をしないようにするというような人もいます。
自分のお金で修理してしまったほうが保険の等級が下がり、元の状態に回復するまでの合計の差額と比べたときに安いというようなこともあるからです。
自動車保険というと、自動車そのものに対しての保険と考えてしまう場合もありますが、それらは車両保険として別個に処理されたり、特約のような形で追加するというようになっていることが多いです。
盗難対策などの場合には、頻度や実際にかかる費用から考えて高級車などの場合には、割増しとされていくこともあります。

 

保険料には、1等級〜20等級まであり、20等級の割引率は60%です!!
車両保険などの特約が多数あり状況に合わせて選択できます!!

キャッシュバックキャンペーン