生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 死亡保険のタイプを知って適正金額の保険に入ろう 死亡保険の加入のすすめ

死亡保険のタイプを知って適正金額の保険に入ろう 死亡保険の加入のすすめ



生命保険は、養老保険、定期保険、終身保険の3つのタイプの死亡保険があります。

 

 

死亡保険の3つのタイプ

養老保険とは、保険と貯蓄の両方の性質をもちます。
保険期間中に死亡すると保険金がおり、保険期間が満了する時に生存していれば、死亡保険金と同額程度の満期金を受け取ることができます。
定期保険とは、保険期間が定まっており、保険料は掛け捨てです。
子供が小さい間だけ保障を手厚くしたいという場合、手ごろな掛け金で保障金額を増やすことができます。
終身保険とは、保険期間が終身、つまり、死亡するまで有効でなので、保険金額を確実に遺族に残すことができます。 保険料は割高になります。

 

死亡保険の保険料と保険金

死亡保険とは、自分の死後に残された家族が困ることがないように加入します。
死後に必要となるのが、葬儀費用です。 葬儀費用だけでなく墓を作る場合も多くの費用を必要とします。
一般的に、これらの費用は300万円ほどあると安心といわれます。
また、配偶者の存在や子供の人数や年齢、住宅が賃貸か持家か、仕事が自営業かなどの状況に応じて、保険にはいっておくと安心な金額が分かります。
家族がおり、賃貸の時は家賃が必要ですので保障金額は上がりますが、持家の場合、住宅ローンが残っていても団体信用保険に加入しているならローンはなくなるので残された家族に家を残すことができます。
そのため、家を購入すると、保険金額は下げてもよいといえます。
また、子供が小さければ小さいほど、これから払わなくてはいけない教育費や生活費が大きくなります。
逆にいえば、子供が成長するほど、子供を育てるための合計金額は少なくなるため保障を減らしてもよいということになります。

このように保険金額が少しづつ少なくなっていく保険を逓減型保険といいます。
保険のメンテナンスが不安という場合、このような保険を利用するのもよいでしょう。
いざというとき保険金が少なくて困ることがないよう、最低でも葬儀費用の300万円を設定し、自分の状況に応じて残された大切な家族のために正しい保険金額の保険に加入しましょう。

死亡保険は死亡の際に支払われる保険です。 基本的に掛け捨ての保険になります。
その分もしもの時には大きな保障が受けられるのが特徴です。
10年定期が多く、年齢に応じて毎月の保険料は高くなります。
特に働き盛りで子育て中の家族には絶対におすすめです。
もしもの時に備えておく事で、すぐに生活に困る事がなくなります。
養う家族がいる人は今一度死亡保険の加入をしっかり検討する必要があります。
特に教育にお金のかかる子供を育てている家庭はなるべく大きい保障が受けられる保険を選ぶと安心です。

 

結婚や家族の成長に会わせ必要な保障が変わります!!
保障内容を見直しその時々に適した内容に変えて行きましょう!!

 

死亡保険をインターネットで調査

最近は店舗を持たずにインターネット上で保険を扱っている会社があります。
店舗や人件費を大きく抑える事が出来る為に大きな保障でも少ない保険料で加入できるメリットがあり人気を集めています。

また10年定期だけでなく、20年など長い期間に設定する事ができるタイプの死亡保険も用意されています。
加入する年齢に応じて保険料が異なります。 また保障金額は自由に選ぶ事ができますので、収入に応じて設定するといいです。
どこの保険会社で加入しようか迷った場合はインターネットを利用する事をおすすめします。
どのような会社がどのような内容の死亡保険を用意しているか知る事ができます。
また保険会社ごとにインターネット上で簡単に自分の保険をシュミレーションする事ができます。
また保障金額も細かい設定ができますので大変便利です。

 

実績と信頼のある保険会社であれば加入の際にも安心です。
また加入の際の手続き方法なども分かりやすく説明されています。
自分にとって、家族にとってどのような保険が必要か、またどの位の保障が必要かという点はとても重要なポイントです。
わからない場合は専門家に相談するといいです。
親切丁寧に相談に応じてくれます。また適切なプランを具体的に提案してくれます。
加入のタイミングは結婚や出産などで行うといいです。

 

人生の節目に見直しを行う習慣を身につけておくといいです。

死亡保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン