生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 学資保険のメリットについて 心強い存在の学資保険

学資保険のメリットについて 心強い存在の学資保険



子供の教育費は、大学まで行かせようと考えるなら、最低でも1000万以上は必要です。
私立に行かせるなら、もっと多く必要です。
しかしながらそんなに貯金できる自信が無いという人も多いかと思います。
そんな人にお勧めなのが、学資保険です。

学資保険とは

学資保険は貯金と違い、毎月決まった保険料を収めていれば、満期後には給付金が受け取れます。 ちゃんと返戻率のいい保険を選べば、支払った以上の給付金が受け取れるのです。 なので貯金に自身のない人にこそ、お勧めしたい保険なのです。

しかしながらメリットの多い学資保険ですが、注意するべきポイントもあります。
それが元金割れです。
実際に支払った保険料より、給付金の額が減ってしまうのです。
少しでも多くの養育費を貯める為加入している保険なのに、元金割れしてしまっては、元も子もありません。
元金割れしやすい保険の傾向としては、医療保険などの保障が、充実している保険です。
また中には、満期前に解約してしまうと、元金割れを起こす保険もあります。
そうならない為に、学資保険を選ぶ際は、できるだけシンプルで、余計な特約がついていない物を選びましょう。
そして必ず確認しておきたいのが、返戻率です。 高い物だと、110%近くあります。100万円保険料を支払えば、110万円の給付金が帰ってくるのです。 銀行の定期預金に預けておくより、よっぽど戻りが大きいです。
できるだけ返戻率のいい商品を選び、満期まできちんと保険料を支払い、しっかりと給付金を受け取りましょう。

学資保険は、元本割れのリスクがあります!!
出来るだけシンプルにすれば返戻率が高まります!!

給付金を受け取る年齢も、保険会社により様々です。 大学の学費にしたいので、18歳満期にしようと考える人もいますが、それでは間に合いません。
確実に授業料の振込み期日に合わせたいなら、17歳満期にしましょう。
15歳、17歳というふうに、分けて受け取れる保険もあるので、必要に応じて利用するのもいいかもしれません。
しっかり教育費を貯める為に、学資保険を利用して、上手に積立て始めましょう。

特に私立の場合は、中学・高校でも学資が必要です!!
大学入学の資金の方が大きいことに注意してください!!

 

子供の教育費の準備は早くから

子どもが産まれた時に考える事は、子どもに対して出来る限りの愛情を掛けてあげたいと言う事です。
その愛情の中にはこれからかかる子どもの教育費も含まれています。
子どもが成長と共にどのような道を選ぶかはその時になってみないと決して分からない事です。
親としては子どもがどのような道を選んだとしても、出来る限りバックアップしてあげたいと考えるものです。
しかし良い教育を子どもに受けさせる為にはそれだけの教育費がかかる事がほとんどです。
特別な教育を受けさせなくても高校や大学に入学する際には入学金から始まり、授業料など沢山の教育費が必要となってしまうのです。

日々の貯金の中だけで子どもの教育費を用意する事が出来れば良いのですが、それが厳しい状況だった時には子どもの進路を資金を考えて変更させなければいけないと言う事になってしまいます。
そのような場合の事を想定して加入する保険に学資保険があります。
学資保険は子どもの教育費を補助する事が目的の保険です。 多くの学資保険が中学校や高校に入学する際に支給される祝い金やその祝い金を受け取らずに満期になった時に満期学資金として受け取る事も出来ます。
それらは契約時にどのようなタイプの学資保険に加入するかによって選ぶ事が出来ます。
また、学資金を受け取る事が出来るだけではなく、生命保険と同じように子どもや契約者である親に何らかの事があった場合、死亡保険金や病気やけがなどの治療に対しての給付金が出るようになっているタイプのものもあります。

このように学資保険は子どもの生活に対して様々な面で助けてくれる保険と言えます。
どのようなものでも保険は掛けている時には毎月の出費が少し家計にとってはいたい出費となってしまいがちですが、万が一の事を考えた時にはサポートしてくれるものとしても、知らず知らずのうちに貯まっていく貯蓄としても、子育てをしている親にとって心強い存在なのが学資保険なのです。

学資保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン