生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 積立?掛け捨て?生命保険はこう選ぶ!

積立?掛け捨て?生命保険はこう選ぶ!



生命保険とは、偶然の事故や病気によって収入を確保できなくなったり、 出費が必要になったときに、家計への経済的な打撃を軽くするための制度です。

もし、蓄えがたくさんあるのならば、加入する必要はないともいえます。 しかし、万が一のためにまとまった金額を使わずにおいておくことは、一般家庭では難しいことです。

生命保険は、大勢の加入者が保険料を出し合うことで、 困っている人を助けるという相互互助の精神で成り立っています。
また、貯蓄との違いは、受け取る金額が、貯蓄の場合は積み立てた金額の総額となりますが、 生命保険は、支払った保険料の総額ではなく加入した保険の保険金額を受け取ることができる点です。
自分が亡くなった後、残された家族は葬儀をしたり、墓を作ったりと突然の出費が必要になります。
また、あなたのいなくなった世界で生活を続けなければいけません。そうなったときに、幼い子供がいれば、これからの生活費や教育費がかかります。    
働きざかりの男性だけでなく、仕事をしていない専業主婦の方も、 もし自分がいなくなったらと考えると家事をすることや子供の世話を、 だれかに頼まなければいけないかもしれません。
そうなると、やはり残された家族が心配です。しかし、平均寿命が80歳前後の長寿国日本で、もしものことばかり考えて過剰に不安になることも、 精神的によくないことです。
おそらく長生きする方の方が多いはずです。
その長い人生を楽しむために、万が一におこるかもしれないことへの不安を解消してくれるのが生命保険なのです。  
また、保険金額はその人の状況に応じて必要な金額は異なります。 持家であれば、住む場所が確保されているので、保険金額は少なくできますし、 子供がまだ小さければ教育費が必要です。自分がいなくなったらいくらくらい必要かなと考えることで、本当に必要な保険金額が見えてきます。

 

生命保険はお守りのようなものです。
なにかあっても大丈夫と安心できる気持ちを持つことができるのは生命保険の一番の効果です。

 

生命保険の選び方とは??

生命保険は、世間でも耳に聞くように、家の次に大きな買い物です。
その選び方は人それぞれで、他の人がこの保険に入っているから、 自分もこの生命保険に入るという選び方はないです。
つまり、自分自身を見つめ直して選ぶというやり方が一番です。 その選び方について記述していきます。  
時間をかけるという事は特に重要で、
・生命保険とはそもそもどのような保険なのか
・どのような保険があり
・最終的な保障はいくらか
・元はとれるのか という部分についてしっかりとした知識を持つ事に使う時間にします。  

しかし、1人で知識を得るには、とても難しいと感じます。 そこで、知人、友人、生命保険会社の担当者さんと、フェイストゥーフェイスで話す事が重要です。


余談ですが、いい生命保険とは何かについて少し記述します。
いい生命保険とは、やはり医療系の保証が充実している事です。 もしもの時の保険として、事故、病気、最近では成人病がとても多くそれに応じた保険も数多く存在します。 なおかつ最終的には元を取れてという形が理想です。
保険とは、時代によって左右されます。

さきほどの成人病についても、例えば10年後には、ほぼ見られなくなり、 他の病気などが流行り出したとなると、保険会社もそれに対応した保険を作っていきます。
つまり、保険とは一回選ぶと終わりではなく、一生付き合っていく物だと考えるのが自然です。 時代によって良い保険などが、移り変わってくるのもあるというのも、 この保険が1番良いとは言えない理由の一つです。
20歳を過ぎた頃、又は社会人になった頃に、保険の申し込みについてなどの、 手紙や、保険のスタッフが来訪してきます。
その際に、めんどくさがらず、一生付き合っていく保険を見つけて、 いざという時の為に速めに備える事が理想です。


しかし、表題にもあるように、やはり時間をかけてゆっくり選ぶ事を心掛ける事こそが、 後で後悔しない為の理想の選び方です。

 

一生つきまとう保険という問題だからこそ、時間をかけて選びたいですよね!
その為に、まず信頼できる相談相手探しから始めませんか?

キャッシュバックキャンペーン