生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 以外と知らない、生命保険での高度障害状態の基準と確率!

以外と知らない、生命保険での高度障害状態の基準と確率!



a1180_005240_m

 

生命保険の死亡保険には、死亡時の保障金に加え、命を落とさなくても、怪我などを負うことにより、高度障害状態に陥ったときに保険金が支給されるようになっています。
こうした保障は個別保険契約で内容は様々ですが、ほとんどの商品に設定されている内容です。
高度障害とは非常に重い障害状態であり、その後の生活に重大が支障をきたす状態に陥ることをいいます。

高度障害の例としては、
・両目の視力を失った状態や言語またはそしゃくの機能を完全に失ったもの
・中枢神経・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を称するもの
・両上肢とも手関節異常で打ちなったもの
など、社会生活上では、決定的なハンデキャップの状態になったものをいいます。

 

高度障害状態とは非常に重い障害を負ってしまった状態です。
肉体的な障害ですが、精神的にも大きいストレスでしょう。

 

 

 

 

保険における高度障害の確率はどのくらいなのか

こうした高度障害状態になってしまい、回復の見込みがないことが明確になった場合には、死亡保険金と同額の高度障害保険金を受け取ることができる場合が多く、またそれ以降の保険料の払い込みが免除される保険料免除の仕組みが設定されているケースもあります。 通常この障害保険を受け取ると保険契約自体は消滅することになりますので、この場合には死亡保険は支払われないことになります。
高度障害状態になるというのは非常にレアな状況かも知れませんが、万が一というのはいつ起こるかわからないことでもあり、こうした保障が得らられるのは非常に安心であるといえます。
とくに大きな障害を持ってしまった場合には、生きていくのに大きな費用がかかることは間違いのないことであり、こうした保障は非常に安心を与えてくれるものとなります。

こうした保障は個別の保険の約款によって内容が異なりますので、加入段階でどのような条件のときに適用になるのかについてはあらかじめ確認をしておくことが望ましいといえます。


実際には殆ど起こらないことであるとは思いますが、事前にその条件を知っておくのはプラスになるものです。
安心して暮らしていくためにもこうした保障の内容をしっかりと理解しておくことは重要です。

 

高度障害になる確率は死亡保険適用の10%強!
細かい条件は保険の専門家に相談して聞いてみましょう!

キャッシュバックキャンペーン