生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 法律によって加入が義務付けられている自賠責保険

法律によって加入が義務付けられている自賠責保険



自賠責保険は強制保険

 

  昭和30年に自動車損害賠償保障法によって、加入が義務付けられているのが、自賠責保険になります。
これは原付バイクを含むすべての自動車の保有者に対して、その自動車1台ごとに加入が義務付けられているものになります。
このことから、自賠責保険のことを、強制保険とも言います。 法律で加入が定められていますので、もし加入をしなかった場合には、刑事罰が科せられますし、免許の交通反則点数が加算されるので、場合によっては累積点数により免許停止になるケースもありますので、十分に注意する必要があるのです。

元々この法律ができた背景には、高度成長時代を迎え、自動車が一般の世帯にも普及し始めたときに、それに比例するかのように、交通事故も増えてきたのです。
その時に被害者に対して、最低限の保障を与えるということが目的で、法律が施行されたのです。

 

自賠責保険は誰もが入らなければいけない保険!
そのお金は交通事故の保障に使われているのです!

 

 

 

 

時代の変化とともに登場した任意保険

自賠責保険以外に任意保険も

 

このような背景で作られた自賠責保険ですので、あくまで人身事故に対して、その被害者を最低限の保険金で、治療中の生活の補償を行うものになります。
よって物損事故も兼ねるようなケースでは、この保険だけではまかなえず、また最近では被害者の方への補償金額も増えてきていますので、自賠責保険だけではカバーできないのです。
そこで任意保険と呼ばれる一般の損害保険会社が提供している自動車保険も合わせて加入することにあるのです。なおこの保険は、自衛隊などの車両に対しては、加入することができず、さらに農作業用で使われる小型特殊自動車は加入できないことになっています。
さてこの自賠責保険ですが、250cc以上のバイクや自動車に関しては、大抵車検の時に保険金を収めるケースが多いので、加入するのを忘れるケースは、そんなに多くないのです。
ところが原付バイクなどに関しては、年数も1年から5年分まとめて支払うことができるということになっているのですが、つい更新を忘れることもありますので、何かの記念日などに合わせて支払うことを考えておけば、忘れることも少なくなるのです。

 

保障金額の増加によって任意保険に入ることも必要に!
保険の専門家に相談をして、入るか入らないか検討してみましょう!

キャッシュバックキャンペーン