生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 死亡保険のメリットとデメリット

死亡保険のメリットとデメリット



死亡保険の長所と短所 
死亡保険というのはその名の通り、契約時に取り決められた被保険者が死亡した際に遺族に保険金が支払われる保険です。
その保険の性質上、保障は一生涯続き、保険金は遺族へ確実に支払われるのが大きな特徴です。

この保険の大きな特徴として、解約払戻金というものがあります。
これは保険金の払い込みが完了した後に保険を解約した場合、いままで払い込んできた保険金に上乗せされた金額が、払い戻されるというものです。

保険金の支払いが完了していることが条件であり、またその後しばらく期間をとらなければ上乗せされる金額は増額されませんが、解約までの期間が長ければ長いほどこの上乗せされる金額というのは増加します。  


また、支払い方法も複数存在し、保障が一生涯続くのと同じように一生涯支払いを続けるタイプ。これは支払いは生涯続きますが、一月あたりの払い込みの金額は一番小額で済みます。

また定年退職予定の65歳まで、といったように期間を区切り、その期間内で支払いを続けるタイプ。 これは上記の解約払戻金を利用する事ができ、期間を自由に区切る事ができるため将来へのプランを立てやすいのが特徴です。
そして、一括で全額を払い込むプラン。総額だけみると支払いを一番安くすみますが当然一回の支払額には注意が必要です。


このように、自身の生活設計に合わせたプランを選択することが可能です。

死亡保険は基本的に支払い方法を個人で設定できるんですね!
期間や保険料などを考え、無理のないプランを組みましょう!

 

 

 

死亡保険の考えられるデメリットとは

一方で、解約払戻金は確かに増額を見込めますが、それなりの期間が必要です。

また定期保険などと比較して保険料がやや高額であり、むやみに契約すると生活の負担となってしまう可能性もあります。 ただし、保険自体は契約してしまえば一生涯続くため、他の保険のように何かしらの理由で保険会社が承認せず保険金が支払われないといったことはありません。 自身の現在の生活プランと将来設計をしっかりと練り、自身にあった支払い方法を正しく選択し、生活を圧迫しないようなプランで契約することが重要です

何歳でいくらもらうのか、解約払戻金の重要性を考える必要がありますね!
個々に希望が違うと思いますので、保険の専門家に相談してみましょう!


死亡保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン