生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 生命保険で家族に少しでもお金を残そう

生命保険で家族に少しでもお金を残そう



若い時はあまり考えませんが、ある程度年齢を重ねるか家族を持つと、自分が死んだ後にお金で不自由な思いをさせたくないという気持ちがわいてきます。
独身の時は葬式代とお墓代を貯めておけばいいかぐらいにしか考えていなかったのに、考え方が家族を持つと大きく変わるのです。 特にお子さんが生まれるとよりその思いは大きくなるでしょう。

しかし、預金でそのお金を賄おうと思うと長い期間かかりますし、いつ病気や事故で亡くなってもおかしくないので、長生きを前提としたお金の残し方は少し無理があります。

やはりそんな時は、生命保険に加入しておきましょう。


当然死亡保障によって保険料が違います。
それに保険の形態によっても支払う保険料は違います。

一番支払う保険料が安いのが、定期保険です。 

この保険は掛け捨てタイプの保険で、契約期間は決まっている保険で、契約期間中生存なさっていた場合何も残りません。しかし支払う保険料が安いので、収入が少なくまだお子さんが小さい方には、自分が急な事故等で亡くなった時に、普段あまり経済的に負担がかからず、それでもかなりの保険金が期待できる保険です。

また終身保険と養老保険というものがあります。

養老保険は、定期保険と同じく契約期間はあるものの、契約期間中生存なさっていた場合、支払った保険料が戻ってくる保険です。 これだけ聞くと保険会社が損をしているように聞こえますが、預かった保険料を元に資産運用をしているので、どちらにも得がある保険で、貯蓄型の保険といえます。 しかしかなり定期保険より保険料は割高なので、余裕のある収入の方に好まれている保険です。

終身保険は契約期間が存在せず、いうなれば加入して亡くなるまでが加入期間になります。
契約期間を気にせずに加入する保険で、定期保険よりは割高ですが、年齢を重ねると若い時より死が現実のものとなるので、そういう考え方の方にはいい保険です。
同じ死亡保障の金額でも加入する保険によって支払う保険料は違いますので、家族で良く話し合って、今加入するべき生命保険を決めましょう。

 

ここで紹介したのは、生命保険の大きなカテゴリです。さらに会社ごとのプランもあって・・
自分には何があっているのか。知りたい方は保険の専門家に無料相談!

キャッシュバックキャンペーン