生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > がんになってからの”がん保険”

がんになってからの”がん保険”



保険には病気にそなえる保険がいくつかありますが、がん保険はその一つです。
一般的に、病気が発見された場合、入院して手術をし、良くなったら退院という形をとることが多いです。
一方、がんの場合は、手術のほかにも抗がん剤や放射線による治療など多岐にわたっており、何度も入院することもよくあります。
また、日本人の死亡原因のトップはがんとなっています。がんになると、身体的な負担ばかりでなく、金銭的な負担も大きくなります。 医療費はもちろん、通院費や雑費なども積み重なると大きな負担になっていきます。

それに備えるのが、がん保険なのです。がん保険の内容を具体的に説明しますと、がんによる入院や手術などを保障してくれるものです。

日本人の死亡原因のトップは「がん」です!
がん保険は日本人には必須な生命保険と言えるでしょう!

 

がん保険の保障と注意点とは

保険期間には、一生保障してくれる終身型と、期間の決まっている定期型があります。
その保障内容ですが、まずがんと診断されたら一時金を受け取ることができます。
また、入院すると、一日につき10000円など契約時に決められた給付金が受けられます。
がんの入院は長期になることもありますが、入院日数は無制限で支払われる保険商品も多いです。

そして、がんの手術をした場合、手術の内容に応じて10万円・20万円・40万円などの手術給付金が受けられます。
この他、抗がん剤治療や放射線治療を保障してくれる保険商品もあります。
また、がんの手術を終えて療養のために退院した場合、一時金が給付される保険商品もありますので、退院後の生活や通院費に使うことができます。
ちなみに、がん保険には、責任開始日から90日間の待機期間があります。
それは、がんの場合、がんにかかっていると気づかず保険に加入してしまうことがあるからです。
待機期間の間は保障されませんので、いつから保障されるのか確認しておくことが大切です。
また、加入していた保険を解約して新たにがん保険に加入する場合は、空白期間が生じないよう、待機期間が終了してから前の保険を解約することが大切です。

がん保険は保障が充実な分、細かい注意点もあります!
保険の専門家に相談をして、大事な部分は抑えておきましょう!


がん保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン