生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 死亡保険の特徴まとめました

死亡保険の特徴まとめました



死亡保険とは、生命保険の中の一つで、被保険者が死亡した際や高度障害(病気や怪我が原因で両目を失明したり、言語機能を永久的に失うなどの重大な障害)となった際に保険金が支払われる保険のことです。
多くは、怪我や病気を保障する生命保険の特約として加入します。
死亡保険には大きく分けて3種類があります。
「定期保険」「終身保険」「定期付終身保険」です。

死亡保険は生命保険の特約で加入をします。
死亡保険の中にも大きく分けて3種類の保険があります。

 

3種類の死亡保険の詳細とは

「定期保険」とは、何歳から何歳までと保険期間が定まっており、その間に被保険者が死亡したり高度障害を負った場合に保険金が支払われます。
これには満期や解約返戻金がないため、この期間内に何も起こらなかった場合は、保険金は掛け捨てとなります。
しかし、これは死亡保険の中でも保険料が安いので、少ない保険料で高額の保険金を受け取ることができます。

「終身保険」とは、死亡するまで一生涯の保障が約束された保険のことです。 死亡時に必ず保険金が支払われるので掛け捨てではありません。
しかし、その分保険料が高額なのも特徴です。また、途中で解約すれば解約返戻金が支払われます。 老後にそれを年金代わりに使うこともできますし、その資金を元に年金保険や医療保険や介護保険に切り替えることも可能です。

このように、終身保険とは定期保険に比べて貯蓄性がある保険です。

「定期付終身保険」とは、定期保険と終身保険の利点を合わせた保険です。主となる契約として、一生涯の保証を約束された終身保険の契約を結び、その後オプションとして一定期間だけ死亡保障内容を充実させる定期保険を利用します。
例えば、子供が小さい時など被保険者である大黒柱に何かあったときには困るので、その間だけ定期保険を利用するといったことです。
この保険は、保険料も高額ではなく、必要に応じて保険金額の設定を行えるので、自分の都合のいいようにカスタマイズできるという利点からとても人気のある保険です。


このように、死亡保険には色々な種類がありますので、自分の生活の状況にあわせて賢く利用することが大事です。

保険の種類は多すぎて、全てを理解するのは難しいです・・・。
まずは、保険の専門家に無料相談をしてみて、保険を理解するところから始めませんか?


死亡保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン