生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > がん保険のメリット

がん保険のメリット



日本人の死因の第一位はがんです。
しかし、現在では治療方法も増え、治療すれば治る病気だとされています。だからこそ、その備えが必要となります。  

がん保険は、他の医療保険とは違い、がんのみを保障する特徴をもった保険です。
その保険のメリットは、なんといっても、まとまった給付金が受け取れることです。
保障開始日から90日間は、保障が効かない注意点はありますが、それ以降、がんと診断された時点もしくはがんによって入院した時点で一時金を受け取ることができます。
がんと診断されてから、早い段階でお金がもらえるということは、闘病資金にしたり、働けない間の生活費として使うことができるのです。
治療も、健康保険の対象でない最新の治療を受けたり、民間医療などの自由診療を選ぶことができるようになります。

近年、早期発見すればがんはなるケースが多いですね!
最新医療を受けるには、高い治療費が必要なようです。

 

がん保険のメリットはまだある

もう一つのメリットは、入院給付金の支払いにあります。
一般の医療保険では、保障される入院日数が保険会社ごとに決まっています。
しかし、がんは長期にわたって入院することが多く、入退院を繰り返す可能性が高いため、がん保険は入院給付金の限度日数がないのです。
そのため、長期入院、繰り返す入退院にも対応でき、入院日数分のお金をしっかり受け取ることができ、安心して治療することができます。

また、がん保険にも、様々な種類の保険があります。 もっとも多いタイプの保険は、入院給付金をベースとし、診断給付金や手術給付金などの保障額が決まり、さらに特約としてさまざまな保障が選択できるタイプです。
また、入院給付金や手術給付金などはなく、診断給付金のみを保障するシンプルなタイプもあります。
さらに、年金の形で毎月、保険期間が満了するまで保険金が給付される収入タイプがあります。

このように、がん保険といっても、いくつかの種類があり、それぞれ異なった特徴をもっています。 保険会社によっても、用意しているものは様々です。 がんになったときを想定し、どんな保険が自分に最適か、よく考え選ぶことが最も重要です。

がん保険にも保険会社ごとに沢山のプランがあります!
保険料と保障、強みなどを専門家に聞いて、自分に合ったがん保険に加入しましょう!


がん保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン