生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 医療保険の特約ってな〜に?

医療保険の特約ってな〜に?



社会人になると医療保険を勧められることが増えます。
結婚、出産を控えたりすれば今後のライフプランや病気や死亡の際に残った家族や働けない期間の保障などが必要になり加入を検討する方が増えます。  
そもそも医療保険は本当に必要なのかという疑問が出てきます。  
日本は保険制度を持つ国で保険証があれば日本国内であればどの医療機関でも医療を受けられます。
しかも保険適用内であれば3割もしく1割を自己負担すればいいだけです。
また医療費が高額にならないように高額療養費制度という制度が公的医療保険に入っています。
そのため日本国民であれば保険料を死ぬまで支払わなければなりません。
しかしこの保険料にプラスして保険会社が提案する保険にも加入したら
公的保険と民間保険両方の医療保険に加入することになります。
つまり、病気とケガにだけに投資することになってしまいます。

日本は保険制度が充実しています。
日本国民は死ぬまで支払わなければならないのです。

 

あなたの特約は必要ですか?

保険会社の提案する保険はそもそも医療ではなく定められた規約の入院や手術をしたら現金給付が受けられるものです。なので、医療費に充てられる現金が手元にある方は加入する必要はありません。
また貯金額が少ない方にとっては頼りたい時期もあります。
しかし、保険料負担が重くなることが不必要な特約はつける必要はありません。逆に加入していたせいで治療費に事欠いてしまうという恐れがあります。  
また最近は医療費を減額させる動きがあり、平均入院日数を縮小するような仕組みが診療報酬にいれられています。 必要な医療はされるので外来医療で負担がかかり、民間医療保険から給付を受けられず治療費と保険料で家計が圧迫される事もあります。
こうした事態にならないために不必要な特約は辞め、保険料は抑えて出来る限り早く支払いを終わらせるように貯蓄をした方が賢い場合があります。  
また、女性疾病やガン入院の特約などがオプションでつけられますが、公的医療保険で治療を受ける時に女性特有の病気やガンなどで自己負担する分が高額になるとか、高額医療費の基準が厳しくなるという事はありません。
そのため必要なのかどうかわからないなら無理に付ける必要は全くありません。

頼るべき医療保険の特約と不必要な特約を見極めるのは難しいですね!
プロに相談をして、メリットとデメリットを整理した上で判断しましょう!

医療保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン