生命保険の見直しを口コミで比較して無料相談
ホーム > 保険相談の最新記事 > 死亡者3人に1人はガンが原因!

死亡者3人に1人はガンが原因!



がん保険とは、がんと診断されて治療や入院等を行う際に、お金を支払えなくなる状況をつくらない為に加入する保険になります。

今のガン治療は入院治療だけではなく、自宅から通って治療をする事が主流になって来ています。
治療方法にも
・手術
・放射線治療
・抗がん剤治療
・免疫療法
・ホルモン療法
等の様々な方法があります。

治療方法によっては金額的な負担も相当に大きくなってきます。
その為に、将来的にガンになってしまった場合に備えて加入するのが「がん保険」

 

がん保険を選ぶ際のポイント

保険期間やがん診断給付金、保障内容等が挙げられるのですが、この事について少しですが説明します。
保険期間は
「定期型保険」と「終身型保険」
に分けられます。

「定期型保険」とは、一定の期間内だけ保障を受けられる事になっていて、加入から10年で満了となる保険になっています。 定期型保険は、期間内に支払う保険料金や保障される内容には変更はありません。 更新をすることによって保険料金は、更新の時の年齢によって再度計算をされる為、保険料金が高くなる事になります。

「終身型保険」は、一生涯保障を受けることが出来る保険になっています。 保険料金や保障内容は、解約しない限り、又は加入者が亡くなるまで、変わることはありません。 更新をして料金が上がる事はありませんが、その分、定期型保険と比べてしまいますと保険料金は高めになってしまいます。 また、保障される内容は、固定されてしまう為に変更する事が難しくなっています。 それでは、どのようなガン保険に加入すれば良いかは、迷う方も多いと思いますが、ガンは日本人の死因率が、最も高く全死亡者の3人に1人は亡くなるまでに誰もがガンを発症する恐れがある病気になります。若くても発症する可能はありますが、年を取るほどにガンになる危険性は高くなります。

その為に若い内には保険料金はやすく、年齢を重ねれば保険料金は高くなっていきます。
若い時に安い保険料金に加入した方がいいようです。

    ガンは誰もがなる可能性がある病気ですので、検討して加入する事をすすめます。

がん保険の資料を請求する

キャッシュバックキャンペーン